若山牧水

概要

 若山牧水(わかやまぼくすい)明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)八月二十四日生誕 -昭和三(1928)九月十七日逝去(四十三歳)は、歌人。本名・繁(しげる)。

経歴

 明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)八月二十四日に宮崎県東臼杵郡東郷村(現、宮崎県日向市)で医師の父・若山立蔵と母・まきの長男として誕生する。

 明治三十二年(1899年)に宮崎県立延岡中学校に入学する。短歌と俳句を始める。18歳のとき、号を牧水とする。明治三十七年(1904年)に早稲田大学に入学する。同級生の北原射水(後の白秋)、中林蘇水と親交を厚くし、「早稲田の三水」と呼ばれる。

 明治四十一年(1908年)に早稲田大学英文科を卒業する。中央新聞社に入社するが、5か月後に退社する。明治四十四年(1911年)に創作社を設立する。詩歌雑誌「創作」を主宰する。

 明治四十五(1912)年四月十三日に友人の石川啄木の臨終に立ち合う。昭和三(1928)九月十七日に若山牧水は逝去。四十三年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA