エドワード・ジェンナー

エドワード・ジェンナー

概要

 エドワード・ジェンナーEdward Jenner、1749(寛延2)年 己巳(つちのとみ6)5月17日生誕-1823(文政6)年 癸未(みずのとひつじ20)1月26日逝去。(73歳)は、イギリスの医学者。天然痘の予防において、従前の人痘接種より安全性の高い種痘(牛痘接種)法を開発しました。近代免疫学の父と呼ばれております。

経歴

 ジェンナーは1749年5月17日にグレートブリテン王国グロスターシャーに生まれました。 ジョン・ハンターを師として医学を学びました。

グロスターシャー
ジョン・ハンター

 この時代、イギリスでは天然痘がしばしば流行しておりました。天然痘に対する予防接種は、オスマン帝国駐在大使夫人だったメアリー・モンタギューが現地で、天然痘患者の膿疱から抽出した液を健康な人に接種する人痘法を知り、1721年に帰国すると自分の娘に種痘接種を施してイギリスの上流階級に広めました。しかし、この予防法では接種を受けた者の2パーセントは重症化して死亡するという、危険を伴うものでした。

メアリー・モンタギュー

 ジェンナーが医師として活動していた頃に、牛の乳搾りなどをして牛と接することによって自然に牛痘にかかった人間は、その後天然痘にかからないという農民の言い伝えがありました 。天然痘に比べると、牛痘は、はるかに安全な病気でありました。ジェンナーはこれが天然痘の予防に使えると考え、1778年から18年にわたって研究を続けました。1796年5月14日、ジェンナーの使用人の子であるジェームス・フィップスという8歳の少年に牛痘を接種しました。。少年は、深刻な症状がありませんでした。6週間後にジェンナーは少年に天然痘を接種しましたが、少年は天然痘にはかからず、牛痘による天然痘予防法が成功しました。

牛痘

 1789年、天然痘予防法を発表し、種痘法はエーロッパにひろまり1802年、イギリス議会から賞金が贈られました。しかしイギリス医学界はこの功績を認めませんでした。その後、天然痘の大流行を機にジェンナーの種痘法は急速に普及し、彼は「近代免疫学の父」と呼ばれるようになりました。天然痘ワクチンは改良されて、世界中で使われ始めました。ついに1980年、天然痘の根絶が宣言されました。 

 天然痘予防法から天然痘の根絶まで、実に191年を要しました。人類は現在、「新型コロナウイルス(COVID-19)」の感染症と戦っております。ジェンナーの種痘法の確立から224年を経た(2020年5月30日現在)、新型コロナウイルスのワクチン開発に至るまで数年かかると報道されております。本記事では、免疫の歴史を研究する事により、新型コロナウイルス感染症の早期解決のヒントになるのではと考え、「近代免疫学の父」と呼ばれたエドワード・ジェンナーを取り上げました。免疫学の歴史を通し、新型コロナウイルスの脅威から一日も早く解放される日を願っております。

新型コロナウイルス(COVID-19)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

参考文献

Newton ウイルスと感染症 続出する新たな感染症

出典 amazon.co.jp


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA