豊田副武

概要

豊田副武(とよだそえむ)明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)五月二十二日 -昭和三十二(1957)年九月二十二日薨去(七十二歳)は、海軍軍人。最終階級は海軍大将。第29代・第30代連合艦隊司令長官。

経歴

 明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)五月二十二日 に豊田副武は大分県速見郡杵築町(現、大分県杵築市)で誕生する。

 明治三十五(1904)年十二月十七日に海軍兵学校第33期に180名中第107位の成績で入校する。明治四十(1907)年九月二十八日に3等駆逐艦「朝露」に乗り組む。明治四十一(1908)年七月三十一日に海軍砲術学校普通科学生を拝命する。同年九月二十五日に海軍中尉に昇進する。明治四十二(1909)年一月二十日に海軍水雷学校普通科学生を拝命する。

 明治四十三(1910)年十二月一日に海軍大学校乙種学生を拝命する。明治四十四(1911)年五月二十二日に海軍砲術学校高等科第8期学生を拝命する。同年十一月二十九日に海軍砲術学校高等科を卒業する。同年十二月一日に海軍大尉に昇進する。巡洋艦「鞍馬」分隊長に着任する。大正二(1913)年十二月一日に海軍砲術学校教官兼副官に着任する。

 大正四(1915)年十二月十三日に海軍大学校に甲種第15期学生として入学する。大正六(1917)年四月一日に海軍少佐に昇進する。同年十一月二十六日に海軍大学校甲種を20名中首席で卒業する。

 大正八(1919)年十一月二十五日に海軍省出仕兼横須賀鎮守府附に着任する。同年十二月一日に在イギリス日本大使館附海軍駐在武官補佐官に着任する。大正十(1921)年十二月一日に海軍中佐に昇進する。大正十一(1922)年八月一日に帰国する。

 大正十四(1925)年十二月一日に海軍大佐に昇進する。軍令部出仕兼海軍大学校教官に着任する。大正十五(1926)十一月一日に軽巡洋艦「由良」艦長に着任する。昭和五(1930)年十二月一日に戦艦「日向」に着任する。昭和六(1931)年十二月一日に海軍少将に昇進する。海軍軍令部参謀第2班長に着任する。

 昭和八(1933)年九月十五日に連合艦隊参謀長兼第1艦隊参謀長に着任する。昭和十(1935)年十一月十五日に海軍中将に昇進する。昭和十六(1941)年九月十八日に海軍大将に昇進する。呉鎮守府司令長官に着任する。昭和十九(1944)年五月三日に連合艦隊司令長官に着任する。

 昭和二十(1945)年五月二十九日に軍令部総長に着任する。戦争末期、軍令部次長大西瀧治郎中将とともに徹底抗戦を訴える。同年八月十二日に軍令部総長の豊田は陸軍参謀総長梅津美治郎とともにポツダム宣言受諾の反対を奏上する。終戦後戦犯容疑で逮捕される。極東国際軍事裁判で不起訴となる。昭和三十二(1957)年九月二十二日に豊田副武は薨去。七十二年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA