武者小路実篤

概要

 武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)五月十二日生誕 -昭和五十一(1976)年四月九日薨去(九十歳)は、小説家、詩人、劇作家、画家。

経歴

 明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)五月十二日に武者小路実篤は東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)での公卿の家系である武者小路家の父・武者小路実世(さねよ)子爵と勘解由小路家(かでのこうじけ)出身の秋子(なるこ)の第8子として誕生する。

 明治二十四年(1891年)に学習院初等科に入学する。学習院中等科6年の時に留年していた2歳年上の志賀直哉と親しくなる。明治三十九年(1906年)に東京帝国大学哲学科社会学専修に入学する。明治四十年(1907年)に同大学を中退する。

 明治四十三年(1910年)に志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊する。「白樺」創刊号に「『それから』に就いて」を発表して夏目漱石から好意的な手紙を得る。大正五年(1916年)に、柳宗悦や志賀直哉が移り住んでいた千葉県我孫子市に移住する。

 理想的な調和社会、階級闘争の無い世界という理想郷の実現を目指して、大正七年(1918年)に宮崎県児湯郡木城村に、村落共同体「新しき村」を建設する。実篤は農作業をしながら文筆活動を続ける。

 木城村はダム建設により大半が水没することになったため、昭和十四年(1939年)に埼玉県入間郡毛呂山町に、村落共同体「新しき村」を建設する。大正十三年(1924年)に離村し、村に居住せずに会費のみを納める村外会員となる。

 大正十二(1923)年九月一日の関東大震災後に『白樺』が終刊となる。この頃からスケッチや淡彩画や油絵を描くようになる。昭和四年(1929年)年

に東京・日本橋の丸善で個展を開く。執筆依頼がほとんどない「失業時代」で、トルストイ、二宮尊徳、井原西鶴、大石良雄、一休、釈迦などの伝記小説を多く執筆する。

昭和十一(1936)年四月二十七日から同年十二月十二日までヨーロッパ旅行をする。旅行中に体験した黄色人種としての屈辱によって、実篤は戦争支持者となってゆく。昭和十六(1941)年十二月八日の太平洋戦争開戦後にトルストイの思想である個人主義や反戦思想を捨てて、戦争賛成の立場に転向した。

 昭和二十一(1946)年九月に太平洋戦争中の戦争協力が原因で公職追放となる。昭和二十六年(1951年)に公職追放解除となる。同年に文化勲章を受章する。晩年に野菜の絵に「仲良きことは美しき哉」や「君は君 我は我なり されど仲良き」などの文を添えた色紙を多く揮毫する。昭和五十一(1976)年四月九日に武者小路実篤は薨去。九十年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA