嶋田繁太郎

概要

 嶋田繁太郎(しまだしげたろう)明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)九月二十四日生誕 -昭和五十一(1976)年六月七日薨去(九十二歳)は、海軍軍人。政治家。最終階級は海軍大将。栄典勲等功級は正三位勲一等功二級。第22代海軍大臣。第17代軍令部総長。

経歴

 明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)九月二十四日に嶋田繁太郎は東京府で旧幕臣で神官の父・嶋田命周の長男として誕生する。

 東京中学を経て明治三十四(1901)年十二月十六日に海軍兵学校(32期)に入校する。明治三十七年(1904)年十一月十四日に海軍兵学校を192名中27番で卒業する。同期に山本五十六、吉田善吾、堀悌吉、などがいた。

 明治三十八年(1905)年八月三十一日に海軍少尉に任官する。明治四十年(1907)年九月二十八日に海軍中尉に進級する。明治四十二年(1909)年十月十一日に海軍大尉に進級する。明治四十三(1910)年五月二十三日に 海軍大学校乙種学生となる。大正二(1913)年十二月一日に海軍大学校甲種学生となる。

 大正四年(1915年)に海軍大学校を卒業(13期)する。同年十二月十三日に海軍少佐に進級する。大正五(1916)年二月十日に駐イタリア大使館付武官となる。 大正九(1920)年十二月一日に海軍中佐に進級する。大正十二(1923)年十二月一日に海軍大学校教官となる。大正十三(1924)年十二月一日に海軍大佐に進級する。

 昭和三(1928)年八月二十日に 軽巡洋艦「多摩」艦長に就任する。同年十二月十日に戦艦「比叡」艦長に就任する。昭和四(1929)年十一月三十日に海軍少将に進級する。第二艦隊参謀長に就任する。昭和五(1930)年十二月一日に連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長に就任する。

 昭和八年(1933)年十月一日に軍令部第一部長に就任する。昭和九(1934)年十一月十五日に海軍中将に進級する。昭和十(1935)年十二月二日に軍令部次長に就任する。昭和十二(1937)年十二月一日に第二艦隊司令長官に就任する。昭和十五(1940)年十一月十五日に海軍大将に進級する。

 昭和十六(1941)年十月十八日に東條内閣で海軍大臣を拝命する。 昭和十九(1944)年二月二十一日に軍令部総長に就任する。同年七月十七日に海軍大臣を辞任する。昭和二十(1945)年一月二十日に予備役編入となる。

 終戦後、A級戦犯に指名され、昭和二十三(1948)年十一月十二日に終身禁錮刑判決を受ける。昭和三十年(1955年)に仮釈放後赦免される。昭和五十一(1976)年六月七日に嶋田繁太郎は薨去。九十二年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA