塩沢幸一

概要

 塩沢幸一(しおざわこういち)明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)三月五日生誕 -昭和十八(1943)年十一月十七日薨去(六十歳)は、海軍軍人。最終階級は海軍大将。栄典勲章功級は従二位・旭日大綬章・功二級金鵄勲章。

経歴

 明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)三月五日に塩沢幸一は長野県伊那郡大草村(現、長野県上伊那郡中川村)で養命酒製造の実家の四男として誕生する。

 明治三十四(1901)年十二月十六日に海軍兵学校(32期)に190名中首席で入校する。明治三十七年(1904)年十一月十四日に海軍兵学校を192名中次席で卒業する。同期に山本五十六、吉田善吾、嶋田繫太郎、堀悌吉などがいた。

 明治三十八年(1905)年八月三十一日に海軍少尉に任官する。明治四十年(1907)年八月五日に海軍砲術学校普通科学生となる。同年九月二十九日に海軍中尉に進級する。明治四十二年(1909)年十月十一日に海軍大尉に進級する。通報艦「千早」分隊長に就任する。

 明治四十三年(1910)五月二十三日に海軍砲術学校高等科第7期学生となる。大正二(1913)年十二月一日に海軍大学校甲種第13期学生となる。大正三(1914)年十二月一日に海軍少佐に進級する。大正四(1915)年十二月十三日に 海軍大学校甲種を卒業成績順位17名中第3位で卒業する。

 大正六(1917)年六月一日に在イギリス大使館附海軍駐在武官府補佐官補に就任する。同年十月二日に英戦艦「レゾリューション」に 観戦武官として乗艦する。大正八(1919)年十二月一日に帰国する。海軍中佐に進級する。大正九(1920)年十二月十七日に海軍大学校教官に就任する。

 大正十二(1923)年十二月一日に海軍大佐に進級する。海軍省軍務局第1課長に就任する。大正十五(1926)年三月三十一日に重巡洋艦「古鷹」の艦長に就任する。同年十二月一日に在イギリス大使館附海軍駐在武官兼艦政本部造船造兵監督長に就任する。昭和三(1928)年十二月十日に帰国する。海軍少将に進級する。

 昭和四(1929)年十一月三十日に連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長に就任する。昭和八(1933)年十一月十五日に海軍中将に進級する。昭和九(1934)年一月十七日に海軍航空本部長に就任する。昭和十三(1938)年二月一日に第五艦隊司令長官に就任する。

 昭和十四(1939)年十一月十五日に海軍大将に進級する。昭和十六(1941)年九月十日に軍事参議官となる。昭和十八(1943)年六月五日の山本五十六連合艦隊司令長官の国葬で司祭長を務める。昭和十八(1943)年十一月十七日に塩沢幸一は薨去。六十年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA