北原白秋

概要

 北原白秋(きたはらはくしゅう)明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)一月二十五日生誕 -昭和十七(1942)年十一月二日逝去(五十七歳)は、詩人、童謡作家、歌人。本名は北原隆吉(きたはらりゅうきち)。

経歴

 明治十八(1885)年乙酉(きのととり22)一月二十五日に北原白秋は熊本県玉名郡関外目村(現・熊本県玉名郡南関町)で商家の父・長太郎と母・シケの子として誕生する。

 明治二十四年(1891年)に矢留尋常小学校に入学する。明治三十年(1897年)に県立伝習館中学(現・福岡県立伝習館高等学校)に入学する。詩歌に熱中し、雑誌『文庫』『明星』などを購読する。明治三十四(1901年)に大火によって北原家の酒蔵が全焼して以降家産が傾き始める。

 白秋は父に無断で中学を退学して早稲田大学英文科予科に入学する。上京後、同郷の好によって若山牧水と親しく交わるようになる。明治三十九年(1906年)に新詩社に参加する。与謝野鉄幹、与謝野晶子、木下杢太郎、石川啄木らと知り合う。

 森鷗外によって観潮楼歌会に招かれ、斎藤茂吉らアララギ派歌人と面識を得るようになる。明治四十一年(1908年)に『謀叛』を発表して世評高くなる。同年に新詩社を脱退する。木下杢太郎を介して、石井柏亭らのパンの会に参加する。この会は吉井勇、高村光太郎らも参加した。

 明治四十二年(1909年)に『スバル』創刊に参加する。木下らと詩誌『屋上庭園』創刊する。処女詩集『邪宗門』を上梓する。官能的、唯美的な象徴詩作品が話題となるが年末には実家が破産して一時帰郷を余儀なくされる。

 明治四十四年(1911年)に第二詩集『思ひ出』を刊行する。故郷柳川と破産した実家に捧げられた懐旧の情が高く評価されて白秋の文名は高くなる。白秋は隣家にいた夫と別居中の人妻の松下俊子と知り合う。2人は夫から姦通罪で告訴される。人気詩人白秋の名声はスキャンダルによって地に堕ちた。

 白秋は俊子と結婚して三崎に転居する。しかし父と弟が事業に失敗して白秋夫婦を残して一家は東京に引き揚げる。大正三年(1914年)に俊子が肺結核に罹患したために小笠原父島に移住するがほどなく帰京する。父母と俊子との折り合いが悪く離婚に至る。

 大正五年(1916年)に詩人の江口章子と結婚する。東京・小岩町の紫烟草舎に転居する。『白秋小品』を刊行する。大正六年(1917年)に阿蘭陀書房を手放して再び弟・鉄雄と出版社アルスを創立する。この前後、家計はきわめて困窮し、妻の章子は肺結核に罹患する。

 大正七年(1918年)に小田原の伝肇寺(でんじょうじ)に転居する。優れた童謡作品を次々と発表し、作品に新生面を拓くのみならず、以降の口語的、歌謡的な詩風に強い影響を与えることになる。 

 伝肇寺境内の住宅の隣に山荘を新築した際の祝宴は、小田原の芸者総出という派手なものであった。白秋の生活を金銭的に支えて来た弟らが反発し、章子を非難する。着物をほとんど質入れしたと言う章子は非難されるいわれもなく反発した。章子はその晩行方をくらまし、白秋が不貞を疑い章子と離婚する。

 国柱会会員の田中智學のもとで仕事をしていた佐藤菊子と結婚する。山田耕筰と共に『詩と音楽』を創刊する。山田とのコンビで数々の童謡の傑作を世に送り出す。歌謡集『日本の笛』などを刊行する。大正十二年(1923年)に三崎、信州、千葉、塩原温泉を歴訪する。詩集『水墨集』を刊行する。大正十二(1923)年九月一日の関東大震災によりアルス社が罹災して山荘も半壊する。

 大正十五年に東京谷中に転居する。昭和三年(1928年)に東京世田谷区に転居する。大阪朝日新聞(現・朝日新聞)の企画により、福岡県大刀洗町から大阪まで飛行機に搭乗する。

 昭和十二年(1937年)に糖尿病および腎臓病の合併症のために眼底出血を引き起こし入院する。視力はほとんど失われる。白秋はさらに歌作に没頭する。昭和十三年(1938年)にヒトラーユーゲントの来日に際し「万歳ヒットラー・ユーゲント」を作詞するなど、国家主義への傾倒が激しくなる。

 昭和十七(1942)年十一月二日に北原白秋は糖尿病および腎臓病の合併症のために逝去。五十七年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA