安倍能成

概要

 安倍能成(あべよししげ)明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)十二月二十三日生誕 -昭和四十一(1966)年六月七日薨去(八十二歳)は、哲学者、教育者、政治家。

経歴

 明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)十二月二十三日に安倍能成は松山城下の小唐人町(後の愛媛県松山市大街道)で医師の父・安倍義任(よしとう)と母・品(しな)の八男として誕生する。

 松山中(後の愛媛県立松山東高等学校)から第一高等学校を経て、東京帝国大学文科大学へと進学する。同窓生の一人に、藤村操がおり、その妹・恭子と大正元年(1912年)に結婚する。一高を中途退学した同期の岩波茂雄との交流は終生続く。

 明治三十九年(1906年)、東京帝国大学1年の時に友人が夏目漱石の元を訪問するのに同行して以来、漱石を深く尊敬して師事した。寺田寅彦との出会いも、漱石を通じてのものであった。

 昭和十五年(1940年)に母校の第一高等学校校長となる。安倍は名校長と謳われる。その一方で軍部が進める高等学校の年限短縮に反対したり、近衛文麿に早期和平の進言をしたために、憲兵隊から監視対象となる。

 昭和二十一年(1946年)に幣原改造内閣で文部大臣に就任すが、数ヵ月間務めたのちに辞任する。文部大臣退任後は帝室博物館総長・国立博物館館長、学習院院長を務める。教育刷新委員会委員長として、学制改革や教育基本法制定など教育制度改革に尽力する。昭和四十一(1966)年六月七日に安倍能成は薨去。八十二年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA