高村光太郎

概要

 高村光太郎(たかむらこうたろう)明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)三月十三日生誕 -昭和三十一(1956)年四月二日逝去(七十三歳)は、詩人、歌人、彫刻家、画家。

経歴

 明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)三月十三日に東京府下谷区下谷西町三番地(現在の東京都台東区東上野一丁目)で彫刻家の高村光雲の長男として誕生する。

 練塀小学校(現在の台東区立平成小学校)に入学する。明治二十九(1896)年三月に下谷高等小学校を卒業する。同年四月に共立美術学館予備科に学期の途中から入学して翌年八月に共立美術学館予備科を卒業する。

 明治三十(1897)年九月に東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)彫刻科に入学する。明治三十五年(1902年)に彫刻科を卒業して研究科に進む。明治三十八年(1905年)に西洋画科に移る。

 昭和三十九(1906)年三月よりニューヨークに1年間2ヶ月、ロンドンに1年間1ヶ月、その後パリに1年滞在して明治四十二(1909)年六月に帰国する。

 世界を観て帰国した光太郎は旧態依然とした日本の美術界に不満を持ち、父に反抗し東京美術学校の教職も断る。パンの会に参加して『スバル』などに美術批評を寄稿する。

 明治四十五年(1912年)に駒込にアトリエを建てる。大正三(1914)年十月十五日に詩集『道程』を出版する。同年、長沼智恵子と結婚する。昭和十三(1938)十月五日に智恵子と死別する。昭和十六(1941)年八月二十日に詩集『智恵子抄』を出版する。

 1945年8月17日、「一億の号泣」を『朝日新聞』に発表する。終戦後の同年十月に花巻郊外の稗貫郡太田村山口(現在は花巻市)に粗末な小屋を建てて移り住み、ここで7年間独居自炊の生活を送る。これは戦争中に多くの戦争協力詩を作ったことへの自省の念から出た行動であった。

 昭和二十七年(1952年)に青森県より十和田湖畔に建立する記念碑の作成を委嘱され、これを機に小屋を出て東京都中野区桃園町(現・東京都中野区中野三丁目)のアトリエに転居して記念碑の塑像(裸婦像)を制作する。この像は「乙女の像」として翌年完成した。

 昭和三十一(1956)年四月二日に高村光太郎は逝去。七十三年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA