志賀直哉

概要

 志賀直哉(しがなおや)明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)二月二十日生誕 -昭和四十六(1971)年十月二十一日逝去(八十八歳)は、小説家。

経歴

  明治十六(1883)年癸未(みずのとひつじ20)二月二十日に志賀直哉は宮城県牡鹿郡石巻町で父・志賀直温と母・銀の次男として誕生する。兄・直行は直哉誕生の前年に早世した。

 明治十八年(1885年)に両親と上京して祖父母と同居する。明治二十二年(1889年)に学習院の初等科へ入学する。明治二十八年(1895年)に 学習院の中等科へ進学する。明治三十四年(1901年)の夏から内村鑑三の元に通う。

 明治三十五年(1902年)に中等科2度目の落第をする。武者小路実篤と同級になる。明治三十九年(1906年)に東京帝国大学英文学科へ入学する。明治四十一年(1908年)に英文学科から国文学科へ転科したものの、大学に登校しなくなる。

 明治四十三年(1910年)に『白樺』を創刊する。「網走まで」を発表する。同年に東京帝国大学を中退する。明治四十四(1911)年十二月に武者小路実篤と衝突して『白樺』に絶縁状を出す。実篤の謝罪と説得で思いとどまるが、白樺同人とのつきあいに不愉快を感じるようになる。

 大正三(1914)年一月に夏目漱石宅を訪問する。同年五月から松江に移り小説を執筆するも断念する。同年七月に上京して漱石に連載辞退を申し出る。以後休筆する。同年十二月二十一日に父親の反対を押し切り勘解由小路康子(武者小路実篤の従妹)と結婚する。武者小路家で結婚式を挙げる。

 大正四年(1915)年に柳宗悦にすすめられて千葉県我孫子町に移住する。大正六(1917)年八月に父との不和が解消される。「和解」を執筆する。大正十年(1921年)に「暗夜行路」の前篇を発表する。昭和六(1931)年十一月に訪ねて来た小林多喜二を宿泊させ懇談する。

 昭和十二年(1937年)に「暗夜行路」の後篇を発表し完結させる。 昭和二十四年(1949年)に文化勲章を受章する。昭和四十六(1971)年十月二十一日に志賀直哉は逝去。八十八年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA