種田山頭火

概要

 種田山頭火(たねださんとうか)明治十五(1882)年壬午(みずのえうま19)十二月三日生誕 -昭和十五(1940)年十月十一日逝去(五十七歳)は、自由律俳句の俳人。

経歴

 山口県佐波郡西佐波令村第百三十六番屋敷(現・防府市八王子二丁目十三)で大地主・種田家の父・竹治郎と母フサの長男として誕生する。

 明治二十二(1889)年四月に佐波郡佐波村立松崎尋常高等小学校尋常科に入学する。明治二十五(1892)年三月に 母フサが、父竹治郎の芸者遊びなどを苦にして、自宅の井戸に投身自殺する。以後、祖母ツルの手によって育てられる。母の自殺が放浪者としての山頭火を決定づける基因となる。

 明治二十九(1896)年四月に私立周陽学舎(三年制中学。現・山口県立防府高等学校)へ入学する。学友らと文芸同人雑誌を発行する。俳句を本格的に始めたのは明治三十年(1897年)の頃だとみられている。

 明治三十二(1899)年七月に 周陽学舎を首席で卒業する。同年九月に県立山口尋常中学(現・山口県立山口高等学校)の四年級へ編入する。明治三十四(1901)年三月に山口尋常中学を卒業する。同年七月に私立東京専門学校(早稲田大学の前身)の高等予科へ入学する。

 明治三十五(1902)年七月に 東京専門学校高等予科を卒業する。同年九月に早稲田大学大学部文学科に入学する。明治三十七(1904)年二月に神経衰弱のため早稲田大学を退学する。同年七月に実家へ帰郷する。

 明治三十九(1906)年十二月に 父・竹治郎が吉敷郡大道村(現・防府市大道)にあった古くからの酒造場を買収する。その翌年頃から種田酒造場を開業した。明治四十一年(1908年)に 酒造に失敗し、防府に残っていた家屋敷を全て売却する。

 明治四十二(1909)年八月に 佐波郡和田村高瀬の佐藤光之輔の長女・サキノと結婚する。翌年には長男・健が誕生する。明治四十四年(1911年)に 防府の郷土文芸誌『青年』が創刊する。その雑誌にて「田螺公」という旧号で定形俳句を、「山頭火」の号で外国文学の翻訳などを発表する。

 大正五(1916)年三月に山頭火は『層雲』にて頭角を現し、俳句選者の一人となった。同年四月に種田酒造場の経営が危機に陥り、再建に奔走するが、種田家は破産に追い込まれた。父・竹治郎は消息不明になり、山頭火は友人を頼って妻子と熊本へ転居する。

 大正五(1916)年五月に熊本市下通町一丁目で古書店「雅楽多書房」を開業する。経営は軌道に乗らず、間もなく額縁店「雅楽多」として再出発する。経営は次第に妻サキノに任せがちになっていく。この頃に起こった弟・二郎の自殺が山頭火をより一層酒に向かわせることになる。

 大正八(1919)年十月に 妻子を熊本に残したまま単身上京する。妻サキノとは大正九(1920)年十一月に戸籍上離婚となっている。大正十二(1923)年九月一日に関東大震災に遭い熊本の元妻のもとへ逃げ帰る。熊本市内で泥酔し、路面電車を止めたところを顔見知りの記者に助けられ、市内の報恩禅寺(千体佛)住職・望月義庵に預けられ寺男とる。

 大正十四年(1924年)に 得度し「耕畝」と改名する。味取観音堂の堂守となる。大正十五年(1925年)に 寺を出て、雲水姿で西日本を中心に旅をする。句作を行い、旅先から『層雲』に投稿を続ける。

 昭和七年(1932年)に郷里山口の小郡町(現・山口市小郡)に「其中庵」を結庵する。体調不良から来る精神不安定から自殺未遂を起こす。昭和十一年(1936年)に雲水姿で山梨県小淵沢から長野県佐久までを歩き、数々の作品を残す。その後も東北地方などを旅をする。

 昭和十三年(1938年)に 山口市湯田温泉街に「風来居」を結庵する。昭和十四年(1939年)に愛媛県松山市に移住し「一草庵」を結庵する。昭和十五(1940)年十月十一日に種田山頭火は脳溢血により逝去。五十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA