有島生馬

概要

 有島生馬(ありしまいくま)明治十五(1882)年壬午(みずのえうま19)十一月二十六日生誕-昭和四十九(1974)年九月十五日逝去(九十一歳)は、画家。本名・有島壬生馬(みぶま)。

経歴

 明治十五(1882)年壬午(みずのえうま19)十一月二十六日に横浜月岡町(現・横浜市老松町)の税関長官舎で大蔵省関税局長兼横浜税関長をしていた有島武とその妻・幸の次男として誕生する。

 明治二十四年(1891年)に父親が大蔵省国債局長となり東京の麹町区永田町の官邸に転居する。明治二十八年(1895年)に学習院初等科に転校する。中等科では志賀直哉らと文芸サークル「睦友会」を結成して会報誌で文芸評論などを発表する。明治三十三年(1900年)の中等科4年のときに肋膜炎患い、学習院を中退して父の郷里である鹿児島県平佐村(現・薩摩川内市)で転地療養する。

 明治三十四年(1901年)に東京外国語学校(現・東京外国語大学)イタリア語に入学する。明治三十六年(1903年)に小山内薫の紹介で、かねてより傾倒していた島崎藤村を小諸に訪ねた際、ピサロの絵を初めて見せられ衝撃を受ける。

 明治三十九(1906)年五月にイタリアに向かい、同年六月にローマに居を構えて古典美術を学びはじめる。同年九月に訪ねてきた兄・有島武郎とともにヨーロッパ各地を巡る旅行に出る。同年十二月末からロンドン滞在中の武郎を訪ねて過ごす。明治四十(1907)年二月末からパリの美術学校グラン・ショミエールで学ぶ。パリでは高村光太郎、梅原龍三郎、藤田嗣治らと交流する。

 明治四十三(1910)二月に帰国し、兄・有島武郎、弟・里見弴とともに『白樺』の同人となる。大正九年(1920年)に志賀直哉が生馬の生活を批判的に描いた小説『或る一夜』を発表する。大正十年(1921年)に画家西村伊作、歌人与謝野晶子、画家石井柏亭らによって当時の学校令に縛られない自由でより創造的な学校の文化学院が創立される。生馬も講師として教壇に立つ。

 昭和十年(1935年)に帝国美術院会員となる。同年、日本ペンクラブの副会長となる。 昭和十二年(1937年)に帝国芸術院会員となる。昭和三十三年(1958年)に日展常務理事に就任する。昭和三十九年(1964年)に文化功労者となる。昭和四十九(1974)年九月十五日に有島生馬は逝去。九十一年の生涯を終えました。 


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA