野村胡堂

概要

 野村胡堂(のむらこどう)明治十五(1882)年壬午(みずのえうま19)十月十五日生誕- 昭和三十八(1963)年四月十四日逝去(八十歳)は小説家。人物評論家。

経歴

 明治十五(1882)年壬午(みずのえうま19)十月十五日に 岩手県紫波郡彦部村(現在の 岩手県紫波郡紫波町)で農家の次男として誕生する。

 小学校時代には『絵本太閤記』や『水滸伝』を熱心に読む。明治二十九年(1896年)に盛岡中学校(現、岩手県立盛岡第一高等学校)に入学する。同窓生には金田一京助、及川古志郎がいた。金田一京助は生涯付き合いが続く。下級生に石川啄木がいた。胡堂は啄木に俳句・短歌の手ほどきをしたと言われいる。ともに校友会雑誌の編集を手掛る。

 明治四十年(1907年)に 第一高等学校を経て、東京帝国大学法科大学に入学するが、学資が続かず退学した。退学後『報知新聞』を発行する報知社に入社して政治部に配属された。社会部夕刊主任、社会部長、調査部長兼学芸部長、編集局相談役を歴任する。

 昭和六年(1931年)に文藝春秋発行の『文藝春秋オール讀物號』創刊号に捕物帳の執筆を依頼され、銭形平次を主人公にした「金色の処女」を発表する。『銭形平次捕物控』の第1作目であった。26年間、長編・短編あわせて383編を書く。

 昭和二十四年(1949年)に 捕物作家クラブが結成され、初代会長に就任する。後に「日本作家クラブ」と改名して会長を継続する。昭和三十一年(1956年)に 自らの著書を寄贈して紫波町彦部に胡堂文庫(後に紫波町中央公民館図書室として紫波町が運営し、現在は紫波町図書館として継続)を設立する。

 昭和三十八(1963)年二月に、私財のソニー株約1億円を基金に財団法人野村学芸財団を設立する。同財団は、経済面で学業継続が困難になった学生等へ奨学金の交付を目的のひとつとしており、これは学資の問題で学業を断念した胡堂の経験が背景になっている。

 昭和三十八(1963)年四月十四日に野村胡堂は逝去。八十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA