金田一京助

概要

 金田一京助(きんだいちきょうすけ)明治十五(1882)年壬午(みずのえうま19)五月五日生誕 -昭和四十六(1971)年十一月十四日薨去(八十九歳)は、言語学者、民俗学者。東京帝国大学より文学博士授与。栄典勲等は従三位勲一等瑞宝章。文化勲章受章。

経歴

 明治十五(1882)年壬午(みずのえうま19)五月五日に岩手県盛岡市四ツ家町で父・金田一久米之助と母・ヤスの長男として誕生する。

 久米之助は子供たちに寝かしつける時、『源平盛衰記』や『平家物語』を語って聞かせた。やがて京助は金田一本家の文庫蔵に通い、『三国志』や『項羽本紀』などを読む。

 明治二十一年(1888年)に 盛岡第一尋常小学校(現・仁王小学校)に入学する。明治二十五年(1892年)に 盛岡高等小学校(現・下橋中学校)に入学する。明治二十九年(1896年)に 岩手県立盛岡中学校(現・盛岡第一高等学校)に入学する。明治三十四年(1901年)に第二高等学校(現・東北大学)に入学する。

 明治四十年(1907年)に東京帝国大学文科大学言語学科を卒業する。卒業論文「世界言語の助辞」。明治四十一年(1908年)に海城中学校教師として赴任したが同年十月に失職する。石川啄木が上京する。三省堂校正係に勤める。國學院大學講師に就任する。大正十一年(1922年)に 國學院大學教授に就任する。

 昭和三年(1928年)に 東京帝国大学助教授に就任する。昭和十六年(1941年)に 東京帝国大学教授に就任する。昭和十八年(1943年)に 東京帝国大学を退官する。三省堂『明解国語辞典』を刊行する。

 昭和二十三年(1948年)に日本学士院会員となる。昭和二十九年(1954年)に文化勲章を受章する。昭和三十四年(1959年)に 盛岡市名誉市民第一号の称号を贈られる。昭和四十六(1971)年十一月十四日に金田一京助は薨去。八十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA