岩波茂雄

概要

 岩波茂雄(いわなみしげお)明治十四(1881)年辛巳(かのとみ18)八月二十七日生誕 -昭和二十一(1946)年四月二十五日逝去(六十四歳)は、出版人。岩波書店創業者。

経歴

 明治十四(1881)年辛巳(かのとみ18)八月二十七日に長野県諏訪郡中洲村(長野県諏訪市中洲)で村の助役の父と農家の母の子として誕生する。

 尋常小学校、高等小学校をへて、明治二十八年(1895年)に旧制諏訪実科中学校(現・諏訪清陵高等学校)へ入学する。在学中に父が病死し、戸主となる。母を助け農業をしていたが明治三十二年(1889年)に上京し、杉浦重剛(すぎうらじゅうごう)を慕い、日本中学に入学する。母が学資を仕送りして くれた。

 明治三十四年(1901年)に第一高等学校に入学する。ボート部で活躍する。この頃に内村鑑三の影響を受ける。東京本郷で求道学舎を主宰していた真宗大谷派僧侶の近角常観(ちかずみじょうかん)のもとを訪れ、近角から著書『信仰の餘瀝』を渡される。明治三十八年(1905年)に東京帝国大学哲学科選科に入学する。

 大学選科修了後、神田高等女学校(現在の神田女学園)に奉職する。教師としての自信を喪失し退職する。大正二年(1913年)に神田区南神保町に古本業岩波書店を開業する。古書店から出発し、夏目漱石の知遇を得て大正三年(1914年)に「こころ」を出版する。これは自費出版であったが、岩波書店の処女出版と位置付けられる。漱石没後は安倍能成(あべよししげ)らと「漱石全集」を刊行する。

 昭和二十(1945)年三月に貴族院多額納税者議員に互選られ、任命される。昭和二十一(1946)年二月に文化勲章を受章する。昭和二十一(1946)年四月二十五日に岩波茂雄は逝去。六十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA