大谷米太郎

概要

 大谷米太郎(おおたによねたろう)明治十四(1881)年辛巳(かのとみ18)七月二十四日生誕 – 昭和四十三(1968)年五月十九日逝去(八十六歳)は、実業家。元大相撲力士。四股名は鷲尾嶽。

経歴

 明治十四(1881)年辛巳(かのとみ18)七月二十四日に富山県西礪波郡水落集落(現、富山県小矢部市)で貧農の家庭の長男として誕生する。

 31歳の時、僅かな金(20銭)を親から借りて裸一貫で上京したが、保証人もいない単身田舎から出てきた男にまともな仕事は見つからず、日雇人夫となる。稲川部屋から声がかかり、大相撲力士となる。四股名は砺波山(後に改名して鷲尾嶽)。

 手の指に障害を負っていたことが原因で幕内に上る事を断念して引退する。鷲尾獄酒店を立ち上げ酒屋に転身する。鷲尾獄酒店は現金取引を優先したことで利益を上げ、国技館一手扱いの酒屋となる。

 大正八年(1919年)に鉄鋼圧延用のロールを作る東京ロール製作所を起業する。弟の竹次郎を富山から呼び寄せ、竹次郎と二人三脚の事業展開を行なう。

 大正十二(1923)年九月一日に発生した関東大震災では米太郎の工場も全焼の被害を受けるが、震災復興に伴う鉄鋼需要に注目する。大谷製鋼所は、建築関係の鉄鋼製品の製造で利益を挙げる。材料の特殊鋼製造にも着手する。

 昭和十四年(1939年)に大谷製鐵を設立する。昭和十五年(1940年)に大谷製鐵・東京ロール製作所・大谷製鋼所が合併し、大谷重工業となる。満州に進出し、当時の「鉄鋼王」と呼ばれた。

 昭和二十五年(1950年)からの朝鮮特需で大谷重工業に活気が戻る。星製薬を傘下に収め、企業の買収や再建に手を広げる。昭和三十九年(1964年)の東京オリンピックの開催により、東京の宿泊地不足に対して米太郎はホテルニューオータニを建設して社長に就任する。

 大谷重工業の経営不振が露呈し、ホテルニューオータニ開業の翌年に社長の座を追われ、大谷重工業も八幡製鉄が経営支援に乗り出して実権を失う。昭和四十三(1968)年五月十九日に大谷米太郎は逝去。八十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA