鮎川義介

概要

 鮎川義介(あゆかわよしすけ)明治十三(1880)年庚辰(かのえたつ17)十一月六日生誕 –昭和四十二(1967)年二月十三日逝去(八十六歳)は、実業家、政治家。日産コンツェルンの創始者。

経歴

 明治十三(1880)年庚辰(かのえたつ17)十一月六日に山口県吉敷郡大内村(現在の山口市大内地区)で旧長州藩士の父・鮎川弥八と元勲・井上馨の姪の母の子として誕生する。 

 山口県立山口尋常中学校、旧制山口高等学校を経て、明治三十六年(1903年)に東京帝国大学工科大学機械科を卒業する。卒業後、芝浦製作所に入社する。西欧の状況を体験すべく渡米する。約1年強を可鍛鋳鉄工場(グルド・カプラー社)で労務者として働く。

 明治四十三年(1910年)に井上馨の支援を受けて福岡県遠賀郡戸畑町(現・北九州市戸畑区)で戸畑鋳物株式会社(現、日立金属)を創立する。大正十年(1921年)に当時としては珍しい電気炉による可鍛鋳鉄製造を開始する。大正十五年(1926年)に株式会社木津川製作所・帝国鋳物株式会社を吸収合併する。合併後東洋一のロール工場と言われる。

 昭和八年(1933年)に自動車工業株式会社(現在のいすゞ自動車)よりダットサンの製造権を無償で譲り受け、同年十二月にダットサンの製造のために自動車製造株式会社を設立する。昭和九年(1934年)に自動車製造株式会社を日産自動車株式会社と改称する。

 昭和九年(1934年)に『ドイツ系ユダヤ人五万人の満洲移住計画について』と題する論文を発表する。満州の開発を促進させると共に、満州をソビエト連邦に対する防壁とする構想を、「大陸派」(満州進出を求めた多くの軍閥)に立案する。

 昭和十二年(1937年)に「財界新人三羽烏」の一人として、満州国の経済運営で巨大な満鉄が影響力を持つことを嫌った関東軍の求めに応じ日本産業を満州国に移し、満州重工業開発株式会社(満業)として初代総裁・相談役に就任する。同時に満州国顧問・貴族院勅撰議員・内閣顧問を兼務する。

 昭和十四年(1939年)頃に白洲次郎らと世界情勢を語り合い、ドイツと英仏間の戦争は、英仏の勝利との結論を得る。関東軍との関係悪化から日産グループの満州撤退を検討する。昭和十七年(1942年)頃に満業の総裁を辞任する。昭和十八(1943)年十一月十七日に藤原銀次郎が東條内閣に入閣すると、五島慶太・鈴木貞一らと内閣顧問に就任する。

 太平洋戦争終結後、鮎川は戦犯容疑を受け、昭和二十(1945)年十二月に逮捕され巣鴨拘置所に20か月拘置されたが、容疑が晴れる。昭和二十八年(1953年)に帝国石油社長、石油資源開発社長を務める。同年五月三日に参議院議員に当選する。昭和四十二(1967)年二月十三日に鮎川義介は逝去。八十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA