大原孫三郎

概要

 大原孫三郎(おおはらまごさぶろう)明治十三(1880)年庚辰(かのえたつ17)七月二十八日生誕 -昭和十八(1943)年一月十八日逝去(六十二歳)は、実業家。倉敷紡績および倉敷毛織(現・クラボウ)、倉敷絹織(現在のクラレ)の社長。位階勲等は正五位勲三等瑞宝章。

経歴

 明治十三(1880)年庚辰(かのえたつ17)七月二十八日に岡山県倉敷市の大地主で倉敷紡績(クラボウ)を営む父・大原孝四郎の三男として誕生する。2人の兄が相次いで夭折したため、孫三郎が大原家の嗣子となった。

 明治三十年(1897年)に東京専門学校(後の早稲田大学)に入学する。放蕩生活を送り、専門学校時代もほとんど講義には顔を出さなかった。 明治三十四年(1901年)に父親より東京専門学校を中退のうえ倉敷に連れ戻され、謹慎処分を受ける。

 謹慎中に石井十次を知り、その活動に感銘を受ける。孫三郎は社会福祉事業にも興味を示すようになり、後に工員の環境改善や農業改善に取り組む。明治三十五年(1902年)に工場内に尋常小学校を設立する。明治三十八年(1905年)にキリスト教の洗礼を受ける。

 明治三十九年(1906年)に社員寮内で感染病を出し社員数名を死亡させた責任を取る形で父が辞任したため、倉敷紡績の社長となる。就任と同時に工員の労働環境改善を図る。

 大正三年(1914年)に大原奨農会農業研究所(現在の岡山大学資源生物研究所の前身)を設立し、農業の改善を図る。大正四年(1915年)に幼稚園・小学校を傘下に置く財団法人石井記念愛染園を設立する。この中に置かれた「救済事業研究室」が、社会問題の研究機関として大正八(1919)年二月に大原社会問題研究所に発展(現在の法政大学大原社会問題研究所)する。

 大正十二年(1923年)に倉紡中央病院(現在の倉敷中央病院)を設立し、工員のみならず市民の診療も行う。工場を蒸気による動力から電気動力への転換を図り中国水力電気会社(現在の中国電力)を設立する。中国合同銀行(現在の中国銀行)の頭取となり、地元経済界の重鎮となる。大正十五年(1926年)に倉敷絹織(現在のクラレ)を設立する。

 昭和五年(1930年)に児島虎次郎に収集を依頼した各国の美術品を収蔵する大原美術館を開館する。昭和十年(1935年)に倉敷毛織を設立(後、倉紡に吸収合併)する。昭和十四年(1939年)に長男の大原総一郎に企業体を引き継ぎ引退する。昭和十八(1943)年一月十八日に大原孫三郎は逝去。六十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA