末次信正

概要

 末次信正(すえつぐのぶまさ)明治十三(1880)年庚辰(かのえたつ17)六月三十日生誕 -昭和十九(1944)年十二月二十九日薨去(六十四歳)は、海軍軍人、政治家。最終階級は海軍大将。位階勲位は従二位勲一等。

経歴

 明治十三(1880)年庚辰(かのえたつ17)六月三十日に山口県で旧徳山藩士の父・末次操九郎の次男として誕生する。

  広島一中から海軍兵学校(27期)に進み、114名中50番で卒業する。日露戦争に出征後、海軍大学校甲種学生(7期)を首席で卒業する。

 明治四十三年(1910年)に海軍砲術学校教官に就任する。末次は艦の中心線上一列に主砲を装備し、一斉射撃の効率を高める独創案を無断で学生に伝授する。上官は黙殺したが、当時世界最高の海軍国であったイギリスが同様の思考で超弩級戦艦「オライオン」を建造したことで、末次の見識が認められる。

 大正八年(1919年)に軍令部第一課長(作戦課長)に就任する。大正十一年(1922年)のワシントン軍縮会議で次席随員を務める。条約案に反対し、首席随員である加藤寛治と共に全権・加藤友三郎に抵抗したが、条約は締結される。

 大正十二年(1923年)に第一潜水戦隊司令官に就任する。末次は輪型陣突破の猛訓練を実施する。同時に潜水艦の性能向上に努め、艦隊運動に策応できる長距離航海可能で、なおかつ高速性を備えた艦隊用潜水艦が開発される。

 昭和六(1931)年九月に満州事変が勃発した際、日米の緊張状態が高まり、末次は第二艦隊司令長官に就任する。昭和八(1933)年十一月十五日に連合艦隊司令長官に就任する。右翼的傾向があり、国家主義者であった末次は、連合艦隊司令長官の頃から政治的野心を持ち始める。

 第1次近衛内閣では内閣参議から内務大臣に就任する。末次は日独伊三国同盟に賛成であった。昭和十九(1944)年十二月二十九日に末次信正は急病により薨去。六十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA