小磯國昭

概要

 小磯國昭(こいそくにあき)明治十三(1880)年庚辰(かのえたつ17)三月二十二日生誕-昭和二十五(1950)年十一月三日薨去(七十歳)は、陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。位階勲等功級は従二位勲一等功二級。

経歴

 明治十三(1880)年庚辰(かのえたつ17)三月二十二日に栃木県宇都宮市で旧新庄藩士の父・小磯進の長男として誕生する。

 新庄小学校、上山小学校経て、山形中学校(現・山形県立山形東高等学校)を卒業する。、陸軍士官学校(12期)、陸軍大学校(22期)を卒業する。当時の陸軍の最大の実力者だった宇垣一成に能力を買われ、小磯は陸士同期の杉山元や二宮治重らと共に宇垣の側近として重用された。

 昭和十三年(1938年)に予備役に編入される。昭和十四年(1939年)に平沼内閣において拓務大臣として初入閣する。昭和十五年(1940年)に米内内閣でも拓務大臣として再入閣を果たす。太平洋戦争開戦後の昭和十七年(1942年)に朝鮮総督に就任する。

 昭和十九(1944)年七月二十二日に小磯内閣は発足する。小磯は指導力を発揮しているとは言えない状況で、昭和二十(1945)年四月七日に内閣総辞職をする。

 敗戦後の昭和二十(1945)十一月十九日に小磯を含め大物戦犯容疑者11人のリストがGHQにより発表され小磯は逮捕される。昭和二十三年(1948年)に極東国際軍事裁判で小磯は終身禁錮刑となる。昭和二十五(1950)年十一月三日に小磯國昭は薨去。七十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA