大正天皇

概要

 大正天皇(たいしょうてんのう)明治十二(1879)年己卯(つちのとう16)八月三十一日 -大正十五(1926)年十二月二十五日崩御(四十七歳)は、第123代天皇(在位:明治四十五(1912)年七月三十日 – 大正十五/昭和元(1926)年十二月二十五日)。諱(いみな)嘉仁(よしひと)、御称号は明宮(はるのみや)。お印は(じゅ)。

経歴

 明治十二(1879)年己卯(つちのとう16)八月三十一日 午前8時12分に東京府の青山御所の御産所で、父・明治天皇と典侍(ないしのすけ/てんじ)の母・柳原愛子の第三皇子(皇男子)として誕生する。

 出産時に体調が悪かった柳原愛子は難産となり、嘉仁親王は全身に発疹がある虚弱状態で誕生した。明治天皇の外祖父の中山忠能が皇子御世話に任命された。

 伝統に従い里子として中山忠能邸に移る。しかし、忠能とその妻・愛子は嘉仁親王の養育に全く役に立たず、実の祖母であり、当時中山邸に住んでいた中山慶子を中心に親王の養育が行われた。慶子は親王の世話に没頭したが、親王の健康はなかなか良くならなかった。

 明治二十(1887)年九月から学習院予備科に通い始める。明治二十二(1889)年二月に青山御所から赤坂離宮内の東宮御所(「花御殿」と呼ばれた)に移る。同年十一月三日に立太子が行われ皇太子になるとともに、陸軍歩兵少尉に任官する。

 明治三十一年(1898年)に第三次内閣を組閣した伊藤博文は、皇太子に関し、健康増進を最優先としながらも政治や軍事などの見識を持たせるため、適当な人物を監督役や側近とするよう明治天皇に進言した。明治三十二(1899)年五月に有栖川宮威仁親王は東宮輔導となり皇太子養育の全権を与えられる。それまでの詰め込み教育を改め健康第一へと転換させた。

 明治三十三(1900)年二月十一日に皇太子嘉仁親王と九条節子の婚約が正式決定し発表された。同年五月十日に婚礼を行うことが発表された。皇太子夫妻は同年五月二十三日から六月七日にかけ、三重県、奈良県、京都府の各府県を巡啓し、伊勢神宮や神武天皇陵、泉涌寺 (せんにゅうじ)などを結婚報告のため参拝した。

 有栖川宮威仁親王は、皇太子の健康な身体や精神を育成するため、名目上は授業で学んだ地理歴史を実際に見学するため、長期的な地方行啓を発案した。有栖川の目論見通り、これらの地方巡啓により皇太子の健康が回復し、学習の効率も上がった。しかし皇太子の自由に任せた結果、生来の気まぐれな性格が助長され、また有栖川宮への依存心が高まる結果となった。

 明治四十五(1912)年七月二十九日夜に明治天皇が崩御する。皇太子は同年七月三十日午前1時に践祚、大正(たいしょう)と改元する。同年八月一日に朝見式が行われた。大正四(1915)年十一月十日に京都御所で即位礼紫宸殿の儀、同年十一月十四日に大嘗祭が行わる。

 大正十(1921)年三月に皇太子裕仁親王は懸案だった欧州訪問に出発した。この頃の大正天皇は、同年七月に塩原御用邸へ静養に行った際には、侍従に抱えられてやっと歩き、風呂や階段を怖がったり、突然暴れだしたりした。また前年の出来事や身近な人物を忘れるなど記憶喪失状態に陥るなどの状態であった。

 大正十(1921)年九月に皇太子が欧州から帰国すると、摂政設置に向けた最終段階に入る。同年十月四日に大正天皇の病状が深刻であり、事実上公務を行うことができなくなっていると発表される。同年十一月二十五日に皇室会議と枢密院で摂政設置が決議され、正式に皇太子裕仁親王が摂政に就任する。

 大正十五年(1926年)初から風邪を引き、五月に完治したものの再び脳貧血を起こし、ほぼ歩行が不可能になる。同年十二月八日に呼吸困難に陥り、急遽取り寄せられた酸素吸入器が使われ、新聞号外が出された。大正十五(1926)年十二月二十五日に大正天皇は崩御。四十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA