鳥井信治郎

概要

 鳥井信治郎(とりいしんじろう)明治十二(1879)年己卯(つちのとう16)一月三十日生誕 -昭和三十七(1962)年二月二十日逝去(八十三歳)は、実業家。サントリー(現サントリーホールディングス株式会社)の創業者。

経歴

 明治十二(1879)年己卯(つちのとう16)一月三十日に大阪府第一大区(のちの東区、現・中央区)釣鐘町(つりがねちょう)で両替商・米穀商の父・鳥井忠兵衛の次男として誕生。

 明治二十年(1887年)に大阪府東区島町の北大江小学校尋常科に入学する。明治二十三年(1890年)に市立大阪商業学校の付属科(のちの大阪市立天王寺商業高等学校、現・大阪市立大阪ビジネスフロンティア高等学校)に入学する。

 明治二十五年(1892年)に薬種問屋小西儀助商店(現在の接着剤製造のコニシ)へ丁稚奉公に出た。この時に小西儀助商店で扱っていた洋酒についての知識を得た。

 明治三十二年(1899年)に大阪市西区靱中通(現・靱本町(うつぼほんまち))で鳥井商店を開業する。明治三十九年(1906年)に「壽屋洋酒店」に改名する。スペイン人兄弟が大阪で経営していたセレース商会を買収する。日本人の口にあう「赤玉ポートワイン」を製造し販売する。

 大正十年(1921年)に大阪市東区住吉町(現・松屋町住吉)で株式会社壽屋を設立。大正後期には「赤玉ポートワイン」が国内ワイン市場の60%を占めるまでに成長する。

 大正十二年(1923年)に本格的なウイスキー生産を志し、ウイスキーの本場スコットランドキャンベルタウンでウイスキー留学の経験のある竹鶴政孝を招き大阪府島本村山崎にウイスキー蒸留所(山﨑蒸留所)を建設する。昭和三十六年(1961年)に 壽屋の会長に就任。経営の第一線から退く。昭和三十七(1962)年二月二十日に鳥井信治郎は逝去。八十三年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA