与謝野晶子

概要

 与謝野晶子(正字: 與謝野晶子、よさのあきこ)明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)十二月七日生誕 -昭和十七(1942)年五月二十九日逝去(六十三歳)は、歌人、作家、思想家。

経歴

 明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)十二月七日に、堺県和泉国第一大区甲斐町(現在の大阪府堺市堺区甲斐町東1丁・甲斐町西1丁)で老舗和菓子屋「駿河屋」を営む、父・鳳宗七と母・津祢の三女として誕生。

 9歳のとき漢学塾に入り、琴や三味線も習う。堺市立堺女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)に入学する。『源氏物語』や『文学界』を読み、尾崎紅葉、幸田露伴、樋口一葉などの小説を読む。

 20歳ごろより店番をしつつ和歌を投稿するようになる。明治三十三年(1900年)に浜寺公園の旅館で行なわれた歌会で歌人・与謝野鉄幹と不倫の関係になり、鉄幹が創立した新詩社の機関誌『明星』に短歌を発表する。のちに鉄幹と結婚して子供を12人出産する。

 明治三十七(1904)九月に『君死にたまふことなかれ』を『明星』に発表する。明治四十五年(1912年)に晶子は鉄幹の後を追ってフランスのパリに行く。洋行費の工面は、森鷗外が手助けをした。

 大正十年(1921年)に建築家の西村伊作と、画家の石井柏亭、夫の鉄幹らとともにお茶の水駿河台に文化学院を創設する。男女平等教育を唱え、日本で最初の男女共学を成立させる。

 鉄幹の詩の売れ行きは悪くなる一方で、彼が大学教授の職につくまで夫の収入がまったくあてにならず孤軍奮闘した。来る仕事はすべて引き受けなければ家計が成り立たず、歌集の原稿料を前払いしてもらっていたという。

 残した歌は5万首にも及ぶ。『源氏物語』の現代語訳『新新源氏』、詩作、評論活動とエネルギッシュな人生を送り、女性解放思想家としても巨大な足跡を残した。昭和十七(1942)年五月二十九日に与謝野晶子は逝去。六十三年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA