寺田寅彦

概要

 寺田寅彦(てらだとらひこ)明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)十一月二十八日生誕 -昭和十(1935)年十二月三十一日 逝去(五十七歳)は、物理学者、随筆家、俳人。

経歴

 明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)十一月二十八日に東京市麹町区(現在の東京都千代田区)で高知県士族(旧足軽)の父・寺田利正と母・亀夫妻の長男として誕生。

 明治十四年(1881年)に 祖母、母、姉と共に郷里の高知県高知市に転居する。明治二十六年(1893年)に 高知県尋常中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)に入学する。明治二十九年(1896年)に熊本の第五高等学校に入学する。英語教師の夏目漱石、物理学教師の田丸卓郎と出会い、両者から大きな影響を受け、科学と文学を志す。

 明治三十一年(1898年)に夏目漱石を主宰とした俳句結社紫溟吟社(しめいぎんしゃ)をおこす。明治三十二年(1899年)に東京帝国大学理科大学に入学する。田中舘愛橘(たなかだてあいきつ)、長岡半太郎の教えを受ける。

 明治三十六年(1903年)に 東京帝国大学理科大学実験物理学科を首席で卒業する。東京帝国大学大学院に進学する。明治三十七年(1904年)に – 東京帝国大学理科大学講師に就任する。明治四十一年(1908年)に「尺八の音響学的研究」により理学博士号を取得する。

 明治四十二(1909)年一月に東京帝国大学理科大学助教授に就任する。同年三月に地球物理学研究のためベルリン大学に留学する。明治四十四年(1911年)に帰国。農商務省から水産講習所における海洋学に関する研究を嘱託される。

 大正二年(1913年)にラウエのラウエ斑点発見に刺激され、自らX線回析実験を行い、「X線と結晶」をNatureに発表する。著書「Umi no Buturigaku」を出版する。大正五年(1916年)の 東大卒業式に「X線によって原子排列を示す実験」を天覧に供する。東京帝国大理科大学教授に就任する(物理学)。

 大正六(1917)年七月に帝国学士院恩賜賞を受賞する。大正十一年(1922年)に アルベルト・アインシュタインが来日し、講演を聴講する。歓迎会に出席する。

 大正十二(1923)年九月一日午前11時58分32秒発生の関東大震災の調査をする。大正十三年(1924年)に理化学研究所研究員を兼務する。昭和三年(1928年)に帝国学士院の会員となる。昭和十(1935)年十二月三十一日に 寺田寅彦は逝去。五十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA