ルイ・パスツール

ルイ・パスツール

概要

 ルイ・パスツール( Louis Pasteur,1822(文政5)年壬午(みずのえうま19)12月27日生誕-1895(明治28)年乙未(きのとひつじ32)9月28日逝去。(72歳)は、フランスの生科学者・細菌学者です。「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」という言葉で知られます。王立協会外国人会員。ロベルト・コッホと共に「近代細菌学の開祖」とされます。

 分子の光学異性体を発見。牛乳、ワイン、ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法(パスチャライゼーション(Pasteurisation・低温殺菌法)を開発しました。またワクチンの予防接種という方法を開発し、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを発明しております。

経歴

 ルイ・パスツールは1822年にフランス、ジュラ地方のドールで皮なめし職人の息子として生まれました。1843年にパリの高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリウール)に入学し、1846年に博士号を取得しました。初期の、化学者時代の業績として、酒石酸の性質の解明(1849年)があります。パスツールはこの結晶学関する博士論文により、ストラスブール大学の化学の教授の地位を得ました。

フランス、ジュラ地方のドール
パリの高等師範学校
ストラスブール大学

 1854年に、リールの新しい理科大学の学部長に指名されました。1857年に、高等師範学校の事務局長兼理学部長に就任しました。この時期に、アルコール製造業者から「ワインの腐敗原因を調べてほしい」という依頼を受け、これがパスツールを生物学、微生物学の研究に向かわせる契機となりました。

 1862年4月20日、パスツールとクロード・ベルナールは、低温殺菌法(パスチャライゼーション)(pasteurisation)として知られる最初の実験を行いました。

 1865年、微粒子病と呼ばれる病気により、多くの蚕が死んでいた事により、パスツールは養蚕業の救済に尽力しました。パスツールはそこから多くのヒントを得ましたが、研究の途中で脳卒中に倒れ、左半身不随になりましたが、微粒子病がカイコの卵へのノゼマ(Nosema apis)と呼ばれる原生生物(微胞子虫)の感染であることを発見し、微粒子病を防止に成功しました。

 1895年12月27日に、持病の合併症が原因となり、パリ近郊マルヌ=ラ=コケットで亡くなりました。近代細菌学の開祖の72年の生涯でした。

マルヌ=ラ=コケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

著作

自然発生説の検討 (岩波文庫 青 951-1)

伝記

ルイ・パスツール―無限に小さい生命の秘境へ (オックスフォード 科学の肖像)

パスツール―人類を病原体から救った偉人 (講談社 火の鳥伝記文庫)

パスツールと微生物-伝染病の解明と治療につくした科学者- (ジュニアサイエンスシリーズ)

世界の伝記〈14〉微生物のかりゅうど―パスツール

出典 amazon.co.jp


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA