牧野省三

概要

 牧野省三(まきのしょうぞう)明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)九月二十二日生誕- 昭和四(1929)年七月二十五日逝去(五十歳)は、映画監督、映画製作者、脚本家、実業家。

経歴

 明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)九月二十二日に、京都府北桑田郡山国村(現・京都市右京区)で漢方医の父・藤野齋と娘義太夫師の母・竹本弥奈吉(牧野彌奈)の子として誕生。

 省三は非嫡出子であったため、彌奈の子として育てられた。彌奈の実家は禁裡御用を務める左官屋で、御所の前に家を構えていた。彌奈は大野屋という寄席と上七軒で置屋を経営しており、西陣の旦那衆に義太夫を教えていた。

 明治三十四年(1901年)に牧野家の地所内にあった約300坪の劇場・千本座を母とともに買収・改築し、同年九月一日に開場した。元々千本座は薩摩の浪人竹内某が持ち主となっていたが、父の藤野が竹内と交渉した末に手に入れた。省三は母親の経営を手伝いながら、自ら舞台に立って義太夫や芝居を披露した。

 彌奈から千本座の経営を任され、旧劇や小芝居を上演したほか、横田商会の興行で活動写真の上映も行った。明治三十七年(1904年)に彌奈と大阪・九條繁栄座へ見物に行った際に尾上松之助を見出し、彼を招いて千本座に出演させた。

 明治四十一年(1908年)に千本座を活動写真興行に貸していた縁で、横田商会の横田永之助から映画製作を依頼される。省三は横田からカメラとフィルムを借り受け、『本能寺合戦』を撮影。中村福之助らを千本座の俳優として起用し、真如堂の境内で撮影を行った。

 省三は12年間に渡り、横田商会と日活の2社で200本以上の尾上松之助主演の時代劇を撮っていった。いずれも歌舞伎、講談、立川文庫から題材をとったものだが、編集技術を身につけた牧野がトリック撮影を駆使して撮った忍術映画なども多く作り、子供たちからも熱狂的に支持された。大正元年(1912年)に横田商会と他の3社とが合併して設立された日活で、関西撮影所の所長に就任する。

 大正十(1921)年四月に牧野は「興行映画の製作をしない」ことを条件に日活を退社。同年六月に等持院境内に牧野教育映画製作所を設立した。同年九月に等持院撮影所を開設し、同時期に製作活動を中止した大正活動映画の俳優らが参加して、本格的に教育映画の製作を行う。

 大正十二年(1923年)にマキノ映画製作所に改組して時代劇や現代劇などの一般作品を製作する。この時に坂東妻三郎をスターに育てる。また若き映画人たちを育成する。大正十四(1925)年六月にふたたび独立してマキノ・プロダクションを設立する。

 昭和二(1927)年一月に大作『忠魂義烈 実録忠臣蔵』の製作を開始した。編集中にネガを引火させてしまい自宅が全焼するなど、様々なトラブルを引き起こし、不完全な公開となってしまう。昭和四(1929)年七月二十五日に牧野省三は逝去。五十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA