吉田茂

概要

 吉田茂(よしだしげる)明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)九月二十二日生誕 -昭和四十二(1967)年十月二十日薨去(八十九歳)は、外交官、政治家。位階勲等は従一位大勲位。

経歴

 明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)九月二十二日に東京神田駿河台(現、東京都千代田区神田駿河台)で板垣退助の腹心の父・竹内綱の五男として誕生。

 明治十四(1881)年八月に、旧福井藩士で横浜の貿易商の吉田健三の養子となる。明治二十二年(1889年)に養父の吉田健三が逝去して、茂は莫大な遺産(50万円:現在の価値で約50億円)を相続する。

 明治三十(1897)年十月に学習院に入学する。明治三十四(1901)年八月に旧制学習院高等学科を卒業する。同年九月に当時華族の子弟などを外交官に養成するために設けられていた学習院大学科に入学する。大学科閉鎖に伴い明治三十七(1904)年九月に無試験で東京帝国大学法科大学に移る。明治三十九(1906)年七月に政治科を卒業する。

 明治三十九(1906)年九月に、外交官および領事官試験に合格し、外務省に入省する。同期入省者には首席で合格した広田弘毅がいた。当時外交官としての花形は欧米勤務だったが、吉田は入省後20年の多くを中国大陸で過ごしている。

 昭和三年(1928年)に田中義一内閣の下で、吉田は外務次官に就任する。外交的には覇権国英米との関係を重視する。岳父・牧野伸顕との関係とともに枢軸派からは「親英米派」とみなされた。昭和十一(1936)年四月に駐イギリス大使に就任する。

 太平洋戦争開戦阻止を目指すが実現せず、開戦後は牧野伸顕、元首相近衛ら重臣グループの連絡役として和平工作に従事する。ミッドウェー海戦敗北を和平の好機とみて近衛とともにスイスに赴いて和平へ導く計画を立てるが失敗する。

 昭和二十年(1945年)に入り日本の敗色が濃くなると、近衛上奏文につながる終戦策を検討する。しかし書生として吉田邸に潜入したスパイによって昭和二十(1945)年二月の近衛上奏に協力したことが露見し憲兵隊に拘束される。40日あまり後に不起訴・釈放となる。この戦時中の投獄が逆に戦後は幸いし「反軍部」の勲章としてGHQの信用を得ることになったといわれる。

 終戦後の昭和二十(1945)年九月に東久邇宮内閣(ひがしくにのみやないかく)の外務大臣に就任する。同年十一月に幣原内閣の外務大臣に就任する。同年十二月に貴族院議員に勅選される。

 昭和二十一(1946)年五月に日本自由党総裁鳩山一郎の公職追放に伴う後任総裁への就任を受諾して、内閣総理大臣に就任する。昭和二十九(1954)年十二月七日に第5次吉田内閣総は辞職して、翌日に自由党総裁を辞任する。

 昭和三十年(1955年)の自由民主党結成には当初参加せず、佐藤栄作らとともに無所属となるが、池田勇人の仲介で昭和三十二年(1957年)に入党した。昭和三十七年(1962年)に皇學館大学総長に就任する。昭和三十八(1963)年十月十四日に時期総選挙への不出馬を表明し政界を引退した。しかし、引退後も大磯の自邸には政治家が出入りし、「大長老」「吉田元老」などと呼ばれ、政界の実力者として隠然たる影響力を持っていた。昭和四十二(1967)年十月二十日に吉田茂は薨去。八十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA