上杉慎吉

概要

 上杉慎吉上杉愼吉、うえすぎしんきち)明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)八月十八日生誕 -昭和四(1929)年四月七日逝去(五十歳)は、憲法学者。

経歴

 明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)八月十八日に石川県江沼郡(現、石川県加賀市)で大聖寺藩(だいしょうじはん)の藩医の父・上杉寛二の子として誕生。

 旧制四高補充科予科、旧制四高を経て、明治三十一年(1898年)に東京帝国大学法科大学に進学する。憲法学教授で天皇主権主義の穂積八束 (ほづみやつか)に師事して憲法を学ぶ。明治三十六年(1903年)に東京帝国大学法科大学政治学科を卒業する。恩賜の銀時計を授与される。同年に東京帝国大学法科大学助教授に就任する。

 明治三十九年(1906年)から明治四十二年(1909年)までドイツへ留学(「西遊研学」)し国家法人説を唱えていたゲオルグ・イェリネックの指導を受けて以降は穂積説の後継者を自任するようになった。

明治四十三年(1910年)代に入ると「天皇即国家」「神とすべきは唯一天皇」「天皇は絶対無限」「現人神(あらひとがみ」とする立場から同じく東京帝国大学の美濃部達吉が打ち出した天皇機関説を批判するようになる(天皇機関説論争)。

 上杉の教え子の岸信介(木曜会・興国同志会会員)と安岡正篤に大学で自らの講座の後継者として残るようにすすめたが、両者は官界に進んだ。昭和四(1929)年四月七日に上杉慎吉は逝去。五十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA