平賀譲

概要

 平賀譲(ひらがゆずる)明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)三月八日 -昭和十八(1943)年二月十七日薨去(六十四歳)は、海軍軍人、工学者、華族。海軍技術中将。栄典勲等爵位は従三位勲一等男爵。工学博士。東京帝国大学総長。

経歴

 明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)三月八日に東京府(現・東京都)で芸州藩士から維新政府に仕えた主計官の父の子として誕生。

 明治二十八(1895)年三月三十一日に 東京府尋常中学校を卒業。海軍兵学校を目指すも近視もあって体格検査で落第する。明治三十一(1898)年七月八日に東京帝国大学工科大学(後の工学部)造船学科(後の船舶工学科)に入学。明治三十四(1901)年七月十日に 東京帝国大学工科大学造船学科を首席で卒業する。同年七月十七日に横須賀海軍造船廠(よこすかかいぐんぞうせんしょう)に着任する。

 明治三十八(1905)年十月一日にイギリス グリニッジ王立海軍大学造船科に入学する。明治四十一(1908)年六月三十日に同校を卒業する。明治四十二(1909)年一月二十六日に 横浜に帰国する。同年九月二十五日に 東京帝国大学工科大学講師に就任する。

 明治四十五(1912)年八月五日に 横須賀海軍造船廠造船部々員に就任する。大正二(1913)年 六月十日に 造船工場長に就任する。大正七(1918)年十月十九日に 東京帝国大学工科大学教授を兼任する。

 昭和十三(1938)年十二月二十日に 東京帝国大学十三代総長に就任する。昭和十四(1939)年一月に自由主義派(純理派)の河合栄治郎と国家主義派(革新派)の土方成美の派閥抗争が激しく「平賀粛学(ひらがしゅくがく)」によって経済学部の教授等13人を追放した。昭和十八(1943)年二月十七日に平賀譲は薨去。六十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA