ロベルト・コッホ

ロベルト・コッホ

概要

 

 ロベルト・コッホ、またはハインリヒ・ヘルマン・ロベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch、( ロベルト・コッホ、またはハインリヒ・ヘルマン・ロベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch)1843(天保14)年癸卯(みずのとう40)12月11日生誕-1910(明治43)年 庚戌(かのえいぬ47)5月27日逝去。(66歳)は、ドイツの医師、細菌学者です。ルイ・パスツールとともに、「近代細菌学の開祖」とされます。

炭疽菌、結核菌、コレラ菌の発見者です。純粋培養や染色の方法を改善し、細菌培養法の基礎を確立しました。寒天培地やペトリ皿(シャーレ)はコッホの研究室で発明され、その後今日に至るまで使い続けられております。

 感染症の病原体を証明するための基本指針となるコッホの原則を提唱し、感染症研究の開祖として医学の発展に貢献しました。

経歴

 1843年、ヘルマン・コッホとヘンリエッテ・ビーヴェントの間にニーダザクセン州の東南にあるクラウスタールに誕生しました。ゲッティンゲン大学を卒業しました。

ゲッティンゲン大学

 1876年、炭疽菌の純粋培養に成功し、炭疽の病原体であることを証明しました。このことによって細菌が動物の病原体であることを証明し、その証明指針であるコッホの原則を提唱しました。

 1882年3月24日、結核菌を発見しました。ヒトにおいて炭疽菌と同様に病原性の証明を行って、論文『結核の病因論』を発表しました。ヒトにおいても細菌が病原体であることを証明しました。

結核菌

 1883年、コレラ菌を発見しました。1890年、結核菌の培養上清からツベルクリン(結核菌ワクチン)を創製しました。1905年、結核に関する研究の業績よりノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

コレラ菌

 1908年、弟子の北里柴三郎に招かれて来日しました。1910年、ドイツ南西部のバーデン・バーデンで逝去されました。近代細菌学の開祖の66年の生涯でした。

北里柴三郎
バーデン・バーデン

伝記

ローベルト・コッホ―医学の原野を切り拓いた忍耐と信念の人


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA