有島武郎

概要

 有島武郎(ありしまたけお)明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)三月四日生誕-大正十二(1923)年六月九日逝去(四十五歳)は、小説家。

経歴

 明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)三月四日に東京小石川(現、文京区)で旧薩摩藩郷士で大蔵官僚・実業家の父・有島武と母・幸子の長男として誕生。

 10歳で学習院予備科に入学し、寄宿生として過ごす。19歳で学習院中等全科を卒業する。札幌農学校に入学する。教授の新渡戸稲造から「一番好きな学科は何か」と問われ「文学と歴史」と答えた。

 内村鑑三や森本厚吉の影響などもあり、明治三十四年(1901年)にキリスト教に入信する。農業学校卒業後に軍隊生活を送った後に横浜から渡米する。米国ではハバフォード大学大学院、ハーバード大学で学び、社会主義に傾倒し西欧文学、ニーチェなどの西洋哲学の影響を受ける。ヨーロッパに渡り、明治四十(1907)年四月十一日に帰国する。

 帰国後、信仰への疑問を持ち、キリスト教から離れる。アナーキストの巨星であった大杉栄が海外に遠征した際に、黒百合会を主宰していた有島武郎は同志としてカンパをしたが、それまでに大杉とは数回しか会ったことがなかった。

 軍務(予備見習士官)や東北帝国大学農科大学の英語講師として過ごしていたが、弟の有島生馬を通じて志賀直哉、武者小路実篤らと出会い、同人誌『白樺』に参加する。『かんかん虫』『お末の死』などを発表し、白樺派の中心人物の一人として小説や評論で活躍する。

 明治四十二(1909年)に東京で陸軍少将・神尾光臣の次女・神尾安子と結婚する。明治四十四(1911年)に札幌で教職を務めていた時、長男・行光(ゆきみつ)が誕生する。のち、俳優の森雅之として活躍する。

 大正五年(1916年)に妻・安子が27歳で死去する。その後本格的に作家生活に入る。『カインの末裔』『生まれ出づる悩み』『迷路』を書く。『中央公論』大正七(1918)年七月に、新しき村を批判する評論「武者小路兄へ」を発表した。大正八年(1919年)に『或る女』を発表した。

 大正十一年(1922年)に『宣言一つ』を発表し、北海道狩太村(現・ニセコ町)の有島農場を開放した。大正十二(1923)年六月九日に有島武郎は『婦人公論』記者で人妻であった波多野秋子と軽井沢の別荘(浄月荘)で縊死を遂げ逝去。四十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA