広田弘毅

概要

 広田弘毅(ひろたこうき:旧字体:廣田)明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)二月十四日生誕昭和二十三(1948)年十二月二十三日薨去(七十歳)は、外交官、政治家。位階勲等は従二位勲一等。旧名は丈太郎(じょうたろう)。

経歴

 明治十一(1878)年戊寅(つちのえとら15)二月十四日に福岡県那珂郡鍛冶町(現、福岡市中央区天神三丁目)で石材店を営む父・広田徳平の子として誕生。

 福岡市立大名小学校、高等小学校卒業後、予科を経て福岡県立修猷館(現、福岡県立修猷館高等学校)に入学する。修猷館卒業直前、帰依している禅宗の僧侶に相談に行き、「おまえが自分で自分に責任を持てると思うなら自分で名前を考えろ」と言われ「弘毅」と改名した。「弘毅」は『論語』 泰伯第八にある「士不可以不弘毅」(士はもって弘毅(「弘」とは広い見識、「毅」とは強い意志力)ならざるべからず)から採る。

 修猷館卒業後、上京して第一高等学校を経て東京帝国大学法学部政治学科に入学する。学費は玄洋社の平岡浩太郎が提供した。頭山満の紹介で副島種臣らの知遇を得る。

 明治三十八年(1905年)に高等文官試験外交科を受けるが、英語が苦手で落第。明治三十九年(1906年)に高等文官試験外交科を合格者11人のうち、首席で合格して外務省に入省する。同期に吉田茂がいる。

 明治四十年(1907年)に清国公使館付外交官補として北京に在勤する。大正八年(1919年)にワシントンD.Cに赴任する。大正十二(1923)年九月に第二次山本内閣の発足にともない欧米局長に就任する。

 加藤高明内閣では国際協調を重んじる「幣原外交」のもとで欧米局長として対ソ関係の改善に取り組み、大正十四年(1925年)に日ソ基本条約締結によりソビエト連邦と国交回復する。

 昭和五(1930)年十月に駐ソビエト連邦全権大使を拝命しモスクワに着任する。着任後、満州事変が勃発する。政府は軍を直ちに撤兵させる旨を各国政府に通告するよう駐在大使・公使に訓令を出したが広田は慎重な態度をとり、ソ連に通告を出さなかった。関東軍は撤兵することなく永久占領の形でテテハルに居座り、駐在大使・公使が各国政府の信頼を失う中、モスクワだけが例外となった。

 昭和八(1933)年九月十四日に斎藤内閣の外務大臣に就任する。昭和九(1934)年七月三日に斎藤内閣は総辞職したが、続いて岡田内閣でも外務大臣に留任する。昭和十(1935)年一月二十二日に帝国議会において広田は日本の外交姿勢を「協和外交」と規定し万邦協和を目指し、「私の在任中に戦争は断じてないと云うことを確信致して居ります」と発言する。

 昭和十一(1936)年二月二十六日に二・二六事件が発生すると岡田内閣は総辞職した。当時の総理大臣は最後の元老であった西園寺公望が天皇の下問を受けて推薦していた。このとき西園寺はまず近衛文麿を推し、初めに近衛に組閣命令が下ったが、近衛は病気を名目に辞退した。そのため枢密院議長・一木喜徳郎が広田を推した。西園寺もこれを了承し、近衛を介して吉田茂を説得役として派遣した。広田は拒み続けたがついには承諾し、同年三月九日に内閣総理大臣に就任する。

 昭和十二(1937)年一月に閣内不統一を理由に広田は内閣総辞職を行い、同年二月二日に林銑十郎に組閣大命が下り、林内閣が成立した。同年五月三十一日に貴族院の勅撰議員に就任する。同年六月四日に近衛文麿を首相とする第一次近衛内閣が成立すると、広田は近衛の要請で外務大臣に就任する。

 昭和十三(1938)年五月二十六日に路線転換を図った近衛は内閣改造を行い、広田は外相を辞任する。大戦終結後、進駐してきた連合国軍によりA級戦争犯罪人容疑者として逮捕される。昭和二十三(1948)年十二月二十三日午前0時21分、広田弘毅は巣鴨プリズン内で絞首刑を執行され薨去。七十年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA