大谷竹次郎

概要

 大谷竹次郎(おおたにたけじろう)明治十(1877)年丁丑(ひのとうし14)十二月十三日生誕  – 昭和四十四(1969)年十二月二十七日逝去(九十二歳)は、兄の白井松次郎とともに松竹を創業した実業家。

経歴

明治十(1877)年丁丑(ひのとうし14)十二月十三日に京都三条柳馬場(現・京都市中京区)で相撲の興行師の父・大谷栄吉と母・しもの子として誕生。兄が双生児の白井松次郎。

 劇場の売店経営から劇場経営へ進出。明治二十八年(1895年)に大谷竹次郎が京都阪井座を買収し、その興行主となる。明治三十五年(1902年)に京都新京極通に明治座(後の京都松竹座)を開設した。

 明治三十八年(1905年)に兄・松次郎とともに大阪市南区葦原町に松竹合名会社を設立(白井松次郎社長)。後に東京新富座買収によって東京に進出して以降は、竹次郎が関東、松次郎が関西を受け持った。

 東京の多くの劇場の経営権を握り、大正三年(1914年)に歌舞伎座の社長に就任。大正九(1920)年二月に松竹キネマ合名会社を設立し、映画界に進出した。大正十二(1923)年九月一日の関東大震災の際、松竹は東京・横浜の劇場・映画館のうち22館を焼失した。歌舞伎座は大正十年(1921年)の火災で再建途中だったところを震災に遭った。

 松竹キネマは昭和六年(1931年)に日本初の本格的トーキー『マダムと女房』を上映。小林一三の東宝と勢力を二分した。昭和十二年(1937年)に松竹社長に就任(白井松次郎は会長に就任)。昭和三十年(1955年)に、歌舞伎の伝承発展への貢献を認められ文化勲章を受章する。昭和四十二年(1967年)の春の叙勲で勲一等瑞宝章を受章する。

昭和四十四(1969)年十二月二十七日に大谷竹次郎は逝去。九十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA