波多野精一

概要

 波多野精一(はたのせいいち)明治十(1877)年丁丑(ひのとうし14)七月二十一日生誕 – 昭和二十五(1950)一月十七日逝去(七十二歳)は、哲学史家、宗教哲学者。玉川大学第二代学長。

経歴

 明治十(1877)年丁丑(ひのとうし14)七月二十一日に長野県筑摩郡松本町(現:長野県松本市)で旧松本藩士の父・波多野敬の次男として誕生。明治十五年(1882年)に父が大蔵省官吏となり、東京市麹町区飯田町に移る。

 高等師範学校附属小・中学校(現:筑波大学附属小学校、中学校、高等学校)を経て、明治二十六年(1893年)に第一高等中学校に入学する。明治二十九年(1896年)に東京帝国大学文科大学哲学科に入学する。

明治三十二年(1899年)に東京帝国大学文科大学哲学科を卒業する。卒業論文は「ヒュームがカントに及ぼせる影響」で、カントの『純粋理性批判』序文の解釈を試みる。東京帝国大学大学院に進学し、ケーベル博士の指導のもとで、近世哲学を研究する。なおケーベル博士は「おれの弟子は波多野一人だ、他にはない」と語った。

 明治三十三年(1900年)に東京専門学校(現:早稲田大学)講師を嘱託され、西洋哲学史を教える。明治三十四年(1901年)に『西洋哲学史要』を刊行する。。明治三十七年(1904年)に東京帝国大学大学院を修了する。修了論文は「スピノザ研究」(ドイツ語)。早稲田大学海外留学生としてドイツのベルリン大学、ハイデルベルク大学へ留学する。

 明治三十九年(1906年)に帰国し、早稲田大学文学部で教える。明治四十年(1907年)に東京帝国大学文科大学講師を嘱託され、「原始基督教」を講義し、明治四十一年(1908年)に『基督教の起源』を刊行する。

 大正六年(1917年)に早稲田騒動で早稲田大学を辞職し、京都帝国大学文学部哲学科宗教学講座の担当として迎え入れられることになり、京都へ移住する。昭和十二年(1937年)に京都帝国大学を定年退官する。京都帝国大学名誉教授となる。昭和十六年(1941年)に東京へ移る。

 昭和二十二年(1947年)に玉川大学教授に就任する。昭和二十四年(1949年)に玉川大学長に就任する。日本学士院会員となる。昭和二十五(1950)一月十七日に波多野精一は逝去。七十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA