林銑十郎

概要

 林銑十郎(はやしせんじゅうろう)明治九(1876)年丙子(ひのえね13)二月二十三日生誕 -昭和十八(1943)年二月四日薨去(六十六歳)は、陸軍軍人、政治家。陸軍大将。栄典勲等功級は正二位勲一等功四級。

経歴

 明治九(1876)年丙子(ひのえね13)二月二十三日に石川県金沢市小立野で旧加賀藩士の石川県礪波郡郡役所書記の父・林孜々郎と母・さは(別所兎毛三の四女)の長男として誕生。

 金沢氏尋常師範附属小学校を経て、明治二十七(1894)年七月二十五日に日清戦争が勃発する。銑十郎は四高補充科を中退し、陸軍士官学校に入校する。明治二十九(1896)十一月二十六日に卒業する。同期に渡辺錠太郎がいた。

 明治三十(1897)六月二十八日に歩兵少尉に任官する。明治三十六年(1903年)に陸軍大学校第17期を卒業する。明治三十七(1904)年一月十九日に歩兵大尉に任官する。

 明治三十七(1904)年二月に日露戦争が勃発。金沢の第9師団も出征する。林大尉も同師団隷下の歩兵第6旅団の副官として従軍し、旅順攻囲戦に参加する。大正二年(1913年)から3年間にわたり、ドイツ、イギリスに留学する。

 大正十五(1926年)三月二日に中将に任官する。昭和二年に陸軍大学校校長、同三年に教育総監部本部長、同四年に近衛師団長と順調に進んでいく。昭和六(1931)九月に満州事変が勃発した時、林は現役中将の筆頭として常設2箇師団(19師団、20師団)を擁する朝鮮軍司令官の職にあった。

 昭和七(1932)四月に大将進級。陸軍三長官のひとつ教育総監兼軍事参議官に就任する。昭和九(1934)一月二十三日に陸軍大臣に親補される。昭和十一(1936)6年三月に予備役に編される。昭和十二(1937)年二月二日に第33代内閣総理大臣となる。同年六月四日に内閣総辞職となる。

 昭和十八(1943)年二月四日に林銑十郎は薨去。六十六年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA