柳田国男

概要

 柳田國男(やなぎたくにお)明治八(1875)年乙亥(きのとい12)七月三十一日生誕 -昭和三十七(1962)年八月八日薨去(八十七歳)は、民俗学者。官僚。日本学士院会員、文化勲章受章。

経歴

 明治八(1875)年乙亥(きのとい12)七月三十一日に、飾磨県(しかまけん)(兵庫県)神東郡辻川村(現:兵庫県神崎郡福崎町辻川)で儒者で医者の父・松岡操と母・たけの六男として誕生。

 明治十八年(1885年)に高等小学校を卒業。1年間、辻川の旧家三木家に預けられ、和漢の書籍を乱読する。明治二十年(1887年)に兄・鼎(かなえ)が、医院を開いていた茨城県北相馬郡布川村(現・茨城県利根町)に移住する。

 明治三十年(1897年)に第一高等学校(第一高等中学校改称)を卒業。東京帝国大学法科大学に入学する。明治三十三(1900)年七月に東京帝国大学法科大学政治科を卒業する(法学士)。卒業論文は三倉の研究。これにより民衆史を知る契機となる。農商務省農務局農政課に勤務。以後、全国の農山村を歩く。早稲田大学で「農政学」を講義する。

 明治三十四(1901)年五月に柳田家の養嗣子として入籍する。明治三十七(1904)年四月に柳田直平の四女・孝(17歳)と結婚する。明治四十(1907)年二月に島崎藤村、田山花袋、小山内薫らとイプセン会を始める。

明治四十一(1908)年一月に宮内書記官を兼任する。この頃、自宅で「郷土研究会」を始める。明治四十二年(1909年)に東北を旅行し、初めて遠野を訪れる。明治四十三(1910)六月に内閣書記官記録課長を兼任する。「郷土研究会」を発展させて、新渡戸稲造を世話人として柳田が幹事役で「郷土会」を開始する。

 明治四十四(1911)年三月から南方熊楠との文通が始まる。大正十年(1921年)に渡欧し、ジュネーブの国際連盟委任統治委員に就任する。国際連盟において、英語とフランス語のみが公用語となっていることによる小国代表の苦労を目の当たりにする。

 大正十一年(1922年)に新渡戸稲造と共に、エスペラントを世界の公立学校で教育するよう決議を求め、フランスの反対を押し切って可決される。自身もエスペラントを学習する。大正十二年(1923年)に国際連盟委任統治委員を突如辞任して帰国する。

 昭和二十一(1946)年七月に枢密院顧問官に就任する。日本国憲法審議に立ち会う。昭和二十四(1949)年三月に日本学士院会員に選任される。同年四月に民間伝承の会を日本民俗学会に発展解消させ、初代会長に就任する。昭和二十六年(1951年)に國學院大學に招かれ、教授に就き神道に関する講座を担当する。同年十一月に文化勲章を受章する。昭和三十七(1962)年八月八日に柳田国男は薨去。八十七年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA