渡辺錠太郎

概要

 渡辺錠太郎(わたなべじょうたろう)明治七(1874)年甲戌(きのえいぬ11)四月十六日生誕 – 昭和十一(1936)二月二十六日薨去(六十一歳)は、陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。位階勲等は 従二位勲一等功五級。

経歴

明治七(1874)年甲戌(きのえいぬ11)四月十六日に愛知県小牧町(現・愛知県小牧市)で煙草商である和田武右衛門の長男として誕生。明治二十六年(1893年)に、愛知県岩倉町(現・愛知県岩倉市)の母親の実家である農業・渡辺庄兵衛の養子となる。

 明治二十七(1894)年四月に徴兵検査を受け、甲種合格する。同年八月に陸軍士官学校の徴募試験に合格し、陸士8期を卒業して陸軍歩兵将校となる。明治三十三(1900)年十二月に陸軍大学校に入学する。

 明治三十六(1903)年十二月に陸軍大学校17期を首席で卒業する。歩兵第36連隊中隊長として日露戦争(明治三十七年(1904年) – 明治三十八年(1905年))に出征して戦傷を負ったが、その後は参謀本部で勤務する。海外での勤務が多く、最小限の隊付勤務(渡辺は連隊長を経験していない)で将官となり、陸軍大将に親任される。

 昭和十一(1936)二月二十六日に自邸を襲撃した反乱軍に殺害された(二・二六事件)。渡辺錠太郎は六十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA