鈴木梅太郎

概要

 鈴木梅太郎(すずきうめたろう)明治七(1874)年甲戌(きのえいぬ11)四月七日生誕 -昭和十八(1943)年九月二十日薨去(六十九歳)農芸化学者。米糠を脚気の予防に使えることを発見したことで有名。栄典勲等は正三位勲一等瑞宝章。東京帝国大学名誉教授、帝国学士院会員。文化勲章受章者。

経歴

 明治七(1874)年甲戌(きのえいぬ11)四月七日に静岡県榛原郡堀野新田村(現、静岡県牧之原市堀野新田)で農業の父・鈴木庄蔵の次男として誕生。

 明治十三年(1880年)に 地頭方学校(現、牧之原市立地頭方小学校)に入学する。明治十九年(1886年)に同校を卒業する。明治二十年(1887年)に東遠義塾が開講し入塾する。明治二十一(1888)年五月十五日に単身徒歩で上京する。

 明治二十一年(1888年)に東京神田の日本英学館に入る。のち東京農林学校予備校に入学する。明治二十二年(1889年)に東京農林学校入学。明治二十三年(1890年)に東京農林学校は帝国大学農科大学と改称された。明治二十六年(1893年)に帝国大学農科大学予科を総代で卒業する。

 明治二十九年(1896年)に帝国大学農科大学農芸化学科を卒業し、卒業式において帝国大学各分科大学全卒業生を代表して答辞を朗読する。大学院に入る。明治三十四年(1901年)にベルリン大学に留学する。ヘルマン・エミール・フィッシャーの下で、ペプチド合成の研究に従事する。

 明治三十九年(1906年)に帰国する。盛岡高等農林学校教授に就任する。明治四十年(1907年)に 東京帝国大学農科大学教授に就任する。大正二年(1913年)に東京農業大学教授(兼農芸化学講習部長)に就任する。植物栄養論の講義を担当する。

 大正六年(1917年)に理化学研究所主任研究員に就任する。大正八年(1919年)に 香川県藍同業組合の招聘に応じ、小松島町(現、小松島市)に藍工場を建設する。大正十三年(1924年)に 副栄養素の研究に対し帝国学士院賞を授与。日本農芸化学会を創立し、初代会長となる。

 大正十四年(1925年)に帝国学士院会員となる。大正十五年(1926年)に帝国発明協会よりオリザニンの発見に対し、恩賜記念賞および大賞を受賞。東京帝国大学農学部長に就任する。昭和三年(1928年)に帝国発明協会より合成酒の発明に対し、特等賞牌を受ける。

 昭和四年(1929年)に 大日本農会より名誉賞を受ける。東京帝国大学農学部へ実験室一棟寄付の件に対して紺綬褒章を受ける。昭和七年(1932年)に ドイツ学士院会員に推される。 昭和九年(1934年)に 東京帝国大学教授を辞任する。

  昭和十二年(1937年)にパリ万国博覧会でビタミンB1の結晶を出品して名誉賞を受賞する。 昭和十三年(1938年)に理研酒工業株式会社を創設する。昭和十八(1943)年四月二十九日に文化勲章受章。昭和十八(1943)年九月二十日に鈴木梅太郎は薨去。六十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA