高浜虚子

概要

 高浜虚子(たかはまきょし:旧字体: 高濱虛子)明治七(1874)年甲戌(きのえいぬ11)二月二十二日生誕-昭和三十四(1959)年四月八日逝去(八十二歳)は、俳人、小説家。本名は高浜清(たかはまきよし、旧字体: 高濱淸)。

経歴

 明治七(1874)年甲戌(きのえいぬ11)二月二十二日に愛媛県温泉郡長町新町(現・愛媛県松山市湊町)で旧松前藩士の・池内(いけのうち)政忠の五男として誕生。九歳の時に祖母の実家の高浜家を継ぐ。

 明治二十一年(1888年)に伊予尋常中学校(現在の愛媛県立松山東高校)に入学する。1歳上の河東碧梧桐と同級になり、彼を介して正岡子規に兄事し俳句を教わる。明治二十四年(1891年)に子規より虚子の号を授かる。「虚子(キョシ)」の名は本名の「清(キヨシ)」に由来する。

 明治二十六年(1893年)に碧梧桐と共に京都の第三高等学校(現在の京都大学総合人間学部)に進学する。この当時の虚子と碧梧桐は非常に仲が良く、寝食を共にしその下宿を「虚桐庵」と名付けるほどだった。

 明治二十七(1894年)に三高の学科改変により碧梧桐と共に仙台の第二高等学校(後の東北大学教養部)に転入するも中退、上京して東京市下谷区根岸にあった子規庵に行く。

 明治三十年(1897年)に元の碧梧桐の婚約者であった大畠いと(糸子)と碧梧桐の入院中に親密になって結婚する。明治三十一年(1898年)に萬朝報に入社したが、母の病気のため松山滞在中に長期欠勤を理由として除籍され、生活に困窮する。

 子規の協力を得て、前年に柳原極堂が松山で創刊した俳誌『ほととぎす(ホトトギス)』を引き継ぎ東京に移転、俳句だけでなく和歌、散文などを加えて俳句文芸誌として再出発し、夏目漱石などからも寄稿を受ける。子規の没した明治三十五年(1902年)に俳句の創作を辞め、その後は小説の創作に没頭する。

 明治四十三年(1910年)に神奈川県鎌倉市に移住する。以来、亡くなるまでの50年間を同地で過ごす。大正二年(1913年)に碧梧桐に対抗するため俳壇に復帰する。昭和十二年(1937年)に芸術院会員となる。昭和十五年(1940年)に日本俳句作家協会(翌々年より日本文学報国会俳句部会)会長となる。昭和二十九年(1954年)に文化勲章を受章する。昭和三十四(1959)年四月八日に高浜虚子は逝去。八十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA