川合玉堂

概要

 川合玉堂(かわいぎょくどう)明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)十一月二十四日生誕 -昭和三十二(1957)年六月三十日 薨去(八十三歳)は日本画家。本名は 川合芳三郎(かわいよしさぶろう)。

経歴

 明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)十一月二十四日に愛知県葉栗郡外割田村(現、愛知県一宮市木曽川町外割田)で、筆墨紙商の長男として誕生。明治十四年(1881年)に一家は岐阜市に移住する。

 明治十九年(1886年)に京都の画家・青木泉橋が岐阜に来住すると、芳三郎は青木夫妻の知遇を得て大いに刺激を受ける。明治二十(1887)年九月に青木泉橋の紹介状を持って京都に行き、四条派・望月玉泉に入門して「玉舟」の号を得る。

 明治二十三(1890)年十一月に、円山派・幸野楳嶺(こうのばいれい)の画塾「大成義会」に入会する。同年、春渓群猿図(しゅんけいぐんえんず)及び 秋渓群鹿図(しゅうけいぐんかず)の連作を第三回内国勧業博覧会に出品して入選する。これを機に「玉堂」に改号する。

 明治二十九年(1896年)に東京へ移住して橋本雅邦(はしもと がほう)に師事する。岡倉天心、橋本雅邦、横山大観らの創立した日本美術院には明治三十一年(1898年)より参加する。

 大正四年(1915年)に東京美術学校日本画科教授に就任する。大正六(1917)年六月十一日に帝室技芸員に任じられ、日本画壇の中心的存在の一人となる。

 昭和六年(1931年)にフランス政府からレジオンドヌール勲章を授与される。昭和八年(1933年)にドイツ政府から赤十字第一等名誉章を授与される。昭和十五年(1940年)に日本政府から文化勲章を授与される。

 昭和三十二(1957)年六月三十日 に川合玉堂は薨去。八十三年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA