美濃部達吉

概要

 美濃部達吉(みのべたつきち)明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)五月七日生誕 -昭和二十三(1948)年五月二十三日薨去(七十五歳)は、法学者、憲法学者、政治家、東京帝国大学名誉教授。

経歴

 明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)五月七日に兵庫県加古郡高砂町(現・兵庫県高砂市)の漢方医・美濃部秀芳の次男として誕生。

 高砂小学校、小野中学校(現:兵庫県立小野高校)、第一高等中学校を経て、明治二十七年(1894年)に東京帝国大学法科大学政治学科(現・東京大学法学部)に進み、天皇機関説を主唱した一木喜德郞( いちききとくろう)に師事する。

 明治三十年(1897年)に東京帝国大学法科大学政治学科を卒業する。高等文官試験行政科に合格して、内務省に勤務する。明治三十二年(1899年)にドイツ、フランス、イギリスに留学する。明治三十三年(1900年)に東京帝国大学助教授、明治三十五年(1902年)に東京帝国大学教授となり比較法制史の講座を担任する。

 大正元年(1912年)に発表した『憲法講話』で、天皇機関説を発表。同説は、ドイツのゲオルグ・イェリネックが主唱した「君主は国家におけるひとつの、かつ最高の、機関である」とする国家法人説に基づいて大日本帝国憲法を解釈し、日本の統治機構を解く学説である。

 大正元年(1912年)に東京帝国大学法科大学長に就任し、天皇主権説を唱えた上杉慎吉教授と論争を展開した。こののち天皇機関説は大正天皇や昭和天皇、当時の政治家や官僚らにとっても当然のものとして受け入れられるようになっていった。大正九年(1920年)に講座増設で憲法第二講座が設けられ、行政法第一講座と兼担する。

 昭和九(1934)年五月に貴族院議員に任じられる。同年、東京帝国大学及び兼官を退官し東京帝国大学名誉教授の称号を授与される。同年に国体明徴運動(こくたいめいちょううんどう)が起こり、昭和天皇の天皇機関説支持にもかかわらず、美濃部は排撃され始めた。

 貴族院本会議において、菊池武夫議員により天皇機関説非難の演説が行われ、軍部や右翼による機関説と美濃部排撃が激化する。これに対し美濃部は、「一身上の弁明」と呼ばれる演説を行い、自己の学説の正当性を説いた。昭和十(1935)年九月に貴族院議員を辞任する(依願免職)。昭和十一年(1936年)に天皇機関説の内容に憤った右翼暴漢の銃撃を受けて重傷を負う。

 昭和二十一(1946)年一月に枢密顧問官に任じられる。同年七月に公職適否審査会委員、公職適否審査会委員長に就任する。日本国憲法の成立後には、憲法の研究を重ね、多くの著書・論文を発表した。昭和二十三(1948)年五月二十三日に美濃部達吉は薨去。七十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA