与謝野鉄幹

概要

 与謝野鉄幹(正字: 與謝野鐵幹、よさのてっかん)明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)二月二十六日生誕 -昭和十(1935)年三月二十六日逝去(三十九歳)は、歌人。本名は与謝野寛(よさの ひろし)。鉄幹は号。

経歴

 明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)二月二十六日に京都府岡崎町(現在の京都市佐京区)で西本願寺支院の願成寺の僧侶、父・与謝野礼厳と母・初枝の四男として誕生。

 明治十六年(1883年)に大阪府住吉郡の安養寺の安藤秀乗の養子となる。明治二十二年(1889年)に西本願寺で得度の式をあげる。山口県都濃郡徳山町(現在の周南市)の兄の寺に赴き、その経営する徳山女学校の教員に就任する。明治二十三年(1890年)に鉄幹の号を用いる。明治二十四年(1891年)に養家を離れ与謝野姓に復した。

 徳山女学校では国語の教師を務めたが女子生徒の浅田信子との間に問題を起こして退職した。このとき女の子が生まれたがその子は間もなく死亡した。別の女子生徒の林滝野と同棲して与謝野萃(あつむ)が誕生する。

 明治二十五年(1892年)に徳山女学校を辞して京都へ帰り、同年十一月ごろ上京して、落合直文の門に入る。明治二十九年(1896年)に明治書院の編集長に就任する。跡見女学校の教員を兼務する。明治三十二年(1899年)に東京新詩社 を創立する。同年秋、最初の夫人浅田信子と離別し林滝野と同棲し麹町区に居住する。

 明治三十三年(1900年)に『明星』を創刊する。北原白秋、吉井勇、石川啄木などを見い出し、ロマン主義運動の中心的な役割を果たした。しかし、当時無名の若手歌人であった鳳晶子(のち鉄幹夫人)との不倫が問題視される。誹謗中傷が仕立て上げられた。妻・滝野と離別して、明治三十四年(1901年)に晶子と再婚し六男六女の子宝に恵まれた。

 明治四十一年(1908年)に木下杢太郎・北原白秋・吉井勇らが脱退し、『明星』は第100号をもって廃刊した。その後の鉄幹は極度の不振に陥る。明治四十四年(1911年)に晶子の計らいでパリへ行く。のち晶子も渡仏、フランス国内からロンドン、ウィーン、ベルリンを歴訪する。だが創作活動が盛んとなったのは晶子の方で、鉄幹は依然不振を極めていた。再起を賭けた労作、訳詞集『リラの花』も失敗するなど、栄光に包まれる妻の陰で苦悩に喘いだ。

 大正四年(1915年)の第12回総選挙に故郷の京都府郡部選挙区から無所属で出馬したが落選する。大正八年(1919年)に慶應義塾大学文学部教授に就任する。昭和十(1935)年三月二十六日に与謝野鉄幹は気管支カタルが原因で逝去。三十九年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA