河東碧梧桐

概要

 河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)二月二十六日生誕 -昭和十二(1937)年二月一日逝去(六十三歳)は、俳人、随筆家。本名は秉五郎(へいごろう)。

経歴

 明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)二月二十六日に愛媛県温泉郡千船町(現・愛媛県松山市千舟町)で松山藩士で藩校・明教館の教授であった父・河東坤(号・静渓)の五男として誕生。少年の頃は正岡子規の友人で後に海軍中将となる秋山真之を敬愛していた。

 明治二十一年(1888年)に伊予尋常中学(現在の愛媛県立松山東高校)に入学する。同級生の高濱清(後の高浜虚子)を誘い子規より俳句を学ぶ。明治二十六年(1893年)に京都の第三高等学校に入学する。仙台の第二高等学校に編入の後中退する。明治三十三年(1900)に青木月斗の妹、茂枝と結婚する。

 明治三十五年(1902年)に子規が没すると、新聞『日本』俳句欄の選者を子規より受け継ぐ。明治三十八年(1905年)頃より従来の五七五調の形にとらわれない新傾向俳句に走り始める。明治三十九年(1906年)から明治四十四年(1911年)にかけて新傾向俳句の宣伝のため二度の全国俳句行脚を行う。

 昭和八(1933)年三月二十五日の還暦祝賀会の席上で俳壇からの引退を表明する。昭和十二(1937)年二月一日に川東碧梧桐は腸チフスを患い逝去。六十三年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA