幣原喜重郎

概要

 幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)明治五年壬申(みずのえさる9)八月十一日(1872年9月13日)生誕-昭和二十六(1951)三月十日薨去(七十八歳)は、外交官、政治家。位階勲等爵位は従一位勲一等男爵。

経歴

 明治五年壬申(みずのえさる9)八月十一日(1872年9月13日)に、堺県門真一番村(現・大阪府門真市)の豪農の家に誕生する。

 官立大阪中学校から、第三高等中学校を首席で卒業する。明治二十八年(1895年)に東京帝国大学法科大学。浜口雄幸とは、第三高等中学校、帝国大学法科大学時代を通じての同級生であり2人の成績は常に1、2位を争った。

 大学卒業後は農商務省に入省したが、明治二十九年(1896年)に外交官試験に合格し、外務省に転じる。外務省入省後、仁川、ロンドン、ベルギー、釜山の各領事館に在勤後、ワシントン、ロンドンの各大使館参事官、オランダ公使を経て大正四年(1915年)に外務次官となる。

 大正八(1919年)に駐米大使に就任する。第一次世界大戦後に国際軍縮会議、ワシントン会議において全権委員を務める。

 大正十三年(1924年)の加藤高明内閣で外務大臣に就任する。以降、若槻内閣(一時・二次)、浜口内閣と憲政会→立憲民政党内閣で4回外相を歴任する。1920年代の自由主義体制における国際協調路線は「幣原外交」とも称され、軍部の軍拡自主路線「田中外交」と対立する。

 戦後の昭和二十(1945)年十月九日に、同年十月五日の東久邇内閣の総辞職受け、吉田茂の後押しや昭和天皇じきじきの説得などもあり政界に返り咲き、内閣総理大臣に就任する。

 昭和二十一(1946)年四月十日の第22回衆議院議員総選挙で、日本自由党が第一党となり総辞職。第一次吉田内閣が発足する。幣原は無任所の国務大臣として入閣する。

 昭和二十二(1947年)の第23回衆議院議員総選挙で初当選する。日本進歩党総裁となり民主党の結成にも参加したが、幣原派の若手議員とともに民主自由党に参加して衆議院議長に就任する。内閣総理大臣経験者の衆議院議長は初めてである。

 昭和二十六(1951)三月十日に幣原喜重郎は、議長在任中に薨去。七十八年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA