樋口一葉

概要

 樋口一葉(ひぐちいちよう)明治五年壬申(みずのえさる9)三月二十五日(1872年5月2日)生誕-明治二十九(1896)年十一月二十三日逝去(二十四歳)は、小説家。

経歴

 明治五年壬申(みずのえさる9)三月二十五日(1872年5月2日)に東京府第二大区一小区内幸町の東京府庁構内(現在の東京都千代田区)の長屋(官舎)で東京府の下級役人の樋口則義と多喜(旧姓・古屋)の次女として誕生。幼児期から利発で言葉が出るのも早く物覚えがよかったという。

 明治十年(1877年)に公立本郷小学校に入学するが、幼少のためにほどなく退学し、半年後、吉川富吉が始めた私立吉川学校に入学する。一葉の日記『塵之中』によれば、幼少時代は子供の遊びに興味がなく、読書を好み草双紙(くさぞうし)を読む。曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』を3日で読破したと伝えられている。

 明治十四年(1881年)に下谷区御徒町へ移ったため、十一月に上野元黒門町の私立青海学校に転校する。ここで初めて和歌を習う。明治十六(1883)年十二月に高等科第四級を首席で卒業するが、上級に進まずに退学する。これは母・多喜が、女性に学業は不要だと考えていたからだという。

 一方、父・則義は向学心やまない娘のため、知人の和田重雄の下で和歌を習わせた。明治十九年(1886年)に父の旧幕府時代の知人である医師の遠田澄庵(とおだちょうあん)の紹介で、中島歌子の歌塾「萩の舎」(はぎのや)に入門。ここでは和歌のほか加藤千蔭(かとうちかげ)の書や王朝文学の講読を学んだ。

 樋口家の戸主であった長男の泉太郎は、父・則義の知人の紹介で大蔵省出納局に勤務していたが、明治二十(1887)年十二月二十七日に肺結核で死去する。一葉は父を後見に相続戸主となる。

 警視庁を退職した則義は家屋敷を売った金を注ぎ込み荷車請負業組合設立の事業に参画するが、出資金を騙し取られて失敗し、負債を残して明治二十二(1889)年七月逝去する。一葉は17歳で樋口家を背負うことになった。一葉には渋谷三郎という許嫁がいたが、則義の死後に婚約は解消された。

 明治二十四年(1891年)に一葉は『かれ尾花』などいくつか習作を執筆する。同年4月15日に妹のくにの知り合いの野々宮菊子の紹介で、東京朝日新聞専属作家の半井桃水(なからいとうすい)を訪ね師事することになる。半井は一葉を東京朝日新聞主筆の小宮山桂介に紹介する。しかし一葉の小説は採用されず、新聞小説で原稿料を得ようとした一葉は落胆する。

 明治二十六(1893)年七月に吉原遊郭近くの下谷龍泉寺町(現在の台東区竜泉一丁目)で荒物と駄菓子を売る雑貨店を開く。この時の経験が、後に代表作となる小説『たけくらべ』の題材となっている。

 近所に同業者が開業したため、商売が苦しくなる。相場師になろうと占い師の久佐賀義孝に接近し、借金を申し込む。明治二十七(1894)年五月に店を引き払い、本郷区丸山福山町(現在の文京区西片一丁目)に転居する。萩の舎と交渉し、月2円の助教料が得られるようになる。

 明治二十八年(1895年)に半井桃水から博文館の大橋乙羽を紹介される。博文館は『太陽』『文藝倶楽部』などを発刊し、春陽堂並び出版界をリードする存在であった。大橋夫妻は一葉に活躍の場を与え経済的にも支援しており、大橋ときは一葉に入門して和歌を学んでいる。

 大橋乙羽は明治二十八(1895)年三月の一葉宛書簡で小説の寄稿を依頼した。『たけくらべ』を7回にわたり発表し、その合間に乙羽の依頼で『ゆく雲』を執筆したほか、大橋ときの依頼で『経つくえ』を書き改めた上で『文藝倶楽部』に再掲載させた。そのほか、『にごりえ』『十三夜』などを発表している。

 明治二十九(1896)年十一月二十三日に樋口一葉は肺結核のため逝去。二十四年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA