島崎藤村

概要

 島崎藤村(しまざきとうそん)明治五年壬申(みずのえさる9)二月十七日(1872年3月25日)生誕 -昭和十八(1943)年八月二十二日逝去(七十一歳)は、詩人、小説家。本名は島崎春樹(しまざきはるき)。

経歴

 明治五年壬申(みずのえさる9)二月十七日(1872年3月25日)に、筑摩県第八大区五小区馬籠村(長野県を経て現在の岐阜県中津川市馬籠)で父・正樹と母・縫の四男として誕生。

 明治十一年(1878年)に神坂学校に入り、父から『孝経』や『論語』を学ぶ。明治十四年(1881年)に上京して、泰明小学校に通い、卒業後は、寄宿していた吉村忠道の伯父・武居用拙(たけいようせつ)に『詩経』などを学ぶ。

三田学校(旧・慶應義塾分校、現・錦城学園高等学校)、共立学校(現・開成高校)など当時の進学予備校で学び、明治学院本科(現・明治学園大学)に入学する。共立学校時代の恩師の影響もありキリスト教の洗礼を受ける。学生時代は西洋文学を読み、松尾芭蕉や西行などの日本古典文学も読む。明治学院本科の第一期として卒業する。

 明治十九(1886)年十一月二十九日に父・島崎正樹が挫折をくり返した末に発狂し、家内の座敷牢の中で逝去した。正樹は『夜明け前』の主人公・青山半蔵のモデルで、藤村に与えた文学的影響は多大だった。

 明治学院本科卒業後、『女学雑誌』に訳文を寄稿するようになり、明治二十五(1892)年十月に明治女学校高等科英語科教師に就任する。教え子の佐藤輔子(佐藤昌介の妹)を愛し、教師として自責のためキリスト教を棄教し、辞職する。その後は関西に遊び、吉村家に戻る。

 明治二十九(1896)年九月八日に東北学院(宮城県仙台市)の教師に就任する。広瀬川を見下ろす崖上の支倉町の住居で詩作を始め、仙台駅近くの三浦屋に移って第一詩集『若菜集』を執筆して発表し文壇に登場する。

 『一葉舟』『夏草』『落梅集』の詩集で明治浪漫主義の開花の先端となり、土井晩翠(仙台県仙台出身)と共に「藤晩時代」あるいは「晩藤時代」と並び称された。

 明治三十二(1899年)に 小諸義塾(こもろぎじゅく)の英語教師として長野県北佐久郡小諸町に赴任し、以後6年過ごす(小諸時代)。北海道函館区(現・函館市)出身の秦冬子と結婚する。この頃から現実問題に対する関心が高まったため、散文へと創作法を転回する。小諸を中心とした千曲川一帯を描写した写生文「千曲川スケッチ」を書き、詩との決別を図った。『破戒』を執筆し始めたのもこの頃からである。

 大正二(1913)年五月末に神戸港からエルネスト・シモン号に乗船し、37日後にフランスマルセイユに到着し、有島生馬の紹介でパリのポール・ロワイヤル通りに面した下宿で生活を始める。大正五(1916)年七月に熱田丸で英国ロンドンを経て神戸港に到着して帰国する。大正六年(1917年)に慶応義塾大学文学部文学科講師に就任する。

 昭和四(1929)年四月から昭和十(1935)年十月まで 夜明け前が『中央公論』で連載される。この終了を期に著作を整理、編集し、『藤村文庫』にまとめられる。

 日本ペンクラブの設立に応じ、初代会長に就任する。昭和十五年(1940年)に帝国芸術院会員となる。昭和十六(1941)年一月八日に 当時の陸軍大臣の東条英機が示達した『先陣訓』の文案作成に参画した。昭和十八(1943)年八月二十二日に島崎藤村は逝去。七十一年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA