志賀 潔

概要

 志賀 潔(しが きよし)明治三年辛未(かのとひつじ8)十二月十八日(1871年2月27日)生誕 -昭和三十二(1957)年丁酉(ひのととり34)一月二十五日薨去(八十五歳) は、日本の医学者・細菌学者です。赤痢菌の発見者として知られ、朝鮮総督府医院長、京城医学専門学校校長、京城帝国大学総長などを歴任しました。

経歴

 明治三年辛未(かのとひつじ8)十二月十八日(1871年2月27日)に陸前国宮城郡仙台(現、仙台市)に、仙台藩士の佐藤家の子として生まれました。幼名は直吉。明治十一年(1878年)に 母親の実家である志賀家の養子となり、名を潔と改めました。志賀家は、仙台藩の藩医を務める家柄でした。

 育才小学校(現、仙台市立片平丁小学校)、 宮城中学(現、宮城県立仙台第一高等学校)、第一高等中学校卒業後、明治二十五年(1892年)に帝国大学医科大学(現、東京大学医学部)に入学しました。

 明治二十九年(1896年)に帝国大学医科大学を卒業して大日本私立衛生会伝染病研究所に入所、北里柴三郎に師事しました。明治三十年(1897年)に赤痢菌を発見。「細菌学雑誌」に『赤痢病原研究報告第一』を日本語で発表しました。明治三十一年(1898年)に要約論文をドイツ語で発表。これにより、赤痢菌の属名は志賀に因んでShigellaとされました。明治三十二年(1899年)に内務省技師・伝染病研究所第一部長に就任しました。明治三十四年(1901年)にドイツ・フランクフルトに留学しパウル・エールリヒに師事。ベンチジン系赤色色素の治療効果を明らかにし、トリパンロートと命名しました。

 明治三十八年(1905年)に 帰国。医学博士号取得。脚気に対して追実験を行い、脚気細菌起源説を否定しました。明治四十五年(1912年)に再度ドイツに留学して、再びパウル・エールリヒに師事しました。

 大正三年(1914年)に北里柴三郎らと共に伝染病研究所退職。大正四年(1915年)に創設された北里研究所(現、北里大学の母体)に入所しました。大正九年(1920年)に慶応義塾大学医学部教授に就任。同年秋に朝鮮総督府医院長・京城医学専門学校長に転じました。

 大正十五年(1926年)に創立した京城帝国大学(現、ソウル大学校)の医学部長に就任。昭和四年(1929年)に京城帝国大学総長に就任しました。昭和六年(1931年)に帰国。北里研究所顧問に就任。昭和二十年(1945年)に東京大空襲で被災、家財を失い、仙台に疎開しました。昭和二十四(1949年)に宮城県亘理郡坂元村の貴洋翠荘に居住しました。昭和三十二(1957)年一月二十五日に老衰により薨去しました。八十五歳の天寿を全うしました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA