加藤寛治

概要

 加藤寛治(かとうひろはる/かんじ)明治三年庚午(かのえうま7)十月二日(1870年10月26日)生誕 -昭和十四(1939)年二月九日 薨去(六十八歳)は、明治、大正、昭和期の海軍軍人、海軍大将。

概要

 明治三年庚午(かのえうま7)十月二日(1870年10月26日)に福井県福井市で元福井藩士で海軍大尉の父・加藤直方の長男として誕生。

攻玉社を経て、明治二十四年(1891年)に海軍兵学校18期を首席で卒業する。戦艦「富士」回航委員(英国出張)・分隊長、通報艦「龍田」航海長などの役目を果して、ロシア駐在となる。この時、同地にいた広瀬武夫と親しくなる。海軍部内切ってのロシア通と呼ばれた。

 明治三十七(1904)三月に戦艦「三笠」の砲術長として日露戦争に参戦してそれ迄の各砲塔単独による射撃を、檣楼上の弾着観測員からの報告に基いて砲術長が統制する方式に改め、遠距離砲戦における命中率向上に貢献する。明治三十八(1905)二月に海軍省副官兼海相秘書官として勤務する。

 明治四十(1907)一月から八月まで伏見宮貞愛親王(ふしみのみやさだなるしんのう)に随行しイギリスに出張して装甲巡洋艦「浅間」「筑波」副長を歴任。 明治四十二年(1909年)に駐英大使館付武官に就任する。明治四十四年(1911年)に海軍兵学校教頭に就任する。

 大正15(1926)年十二月から昭和三(1928)年十二月まで連合艦隊司令長官第1艦隊司令長官に就任する。その間、昭和二(1927)年四月一日に海軍大将に昇進する。東郷平八郎の「訓練に制限なし」という言葉をモットーに猛訓練を行う。

 昭和四(1929)年一月に鈴木貫太郎が急遽侍従長に転じた後を襲って、海軍軍令部長に親補される。ロンドン海軍軍縮条約批准後に帷幄上奏(いあくじょうそう:昭和天皇に直接辞表提出)し軍令部長を辞任する。岡田啓介ら条約派に対し、伏見宮博恭王(ふしみのみやひろやすおう)・末次信正らとともに艦隊派の中心人物となる。

 昭和十(1929)年十一月二日に後備役となる。昭和十四(1939)年二月九日 に加藤寛治は薨去。六十八年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA