堺利彦

概要

 堺利彦(さかいとしひこ)明治三年庚午(かのえうま7)十一月二十五日(1871年1月15日)生誕 -昭和八(1933)年一月二十三日逝去(六十二歳)は、社会主義者、思想家、歴史家、著述家、小説家。号は枯川。別名は貝塚渋六。

経歴

 明治三年庚午(かのえうま7)十一月二十五日(1871年1月15日)に豊前国仲津郡長井手永大坂村松坂(現、福岡県京都郡みやこ町犀川大坂字松坂)で士族の三男として誕生。

 豊津中学校(現、育徳館高校)を首席で卒業する。上京して、進学予備校であった共立学校(現、開成中学校・高等学校)で受験英語を学び、第一高等中学校に入学する。学費滞納により一高から除籍処分を受ける。その後、大阪や福岡で新聞記者や教員として勤め、小説の執筆を始める。東京に設けられた毛利家編輯所で『防長回天史』の編纂に従事し、同僚の山路愛山らと親交を深める。

 『萬朝報』の記者として活躍し、社会改良を主張する論説や言文一致体の普及を図る一方で、社主の黒岩涙香(くろいわ るいこう)、同僚の内村鑑三、幸徳秋水(こうとくしゅうすい)らと理想団を結成。この時期に社会主義思想に共鳴し、非戦論を唱える。

 『萬朝報』は、日露戦争に際し主戦論に路線転換したため、内村、幸徳とともに退社。平民社を開業して週刊『平民新聞』を発行、非戦論・社会主義の運動を開始する。週刊『平民新聞』第53号(明治三十七(1904)年11月13日)に幸徳との共訳で『共産党宣言』を翻訳して掲載した。これは、サミュエル・ムーア訳の英語訳からの重訳であったが、日本における最初の『共産党宣言』の翻訳であった。

 明治三十八年(1905年)に社会主義機関誌『直言』にエスペラントに関する記事を掲載。その後、明治三十九年(1906年)に発足した日本エスペラント協会の評議員に就任する。同年に日本社会党を結成して評議員・幹事となり、日本の社会主義運動の指導者として活躍をはじめる。

 大正十一年(1922年)に日本共産党(第一次共産党)の結成に参加するものの、山川らに同調して共産党を離脱、後に労農派に与する。その後、東京無産党を結成して活動を続け、昭和四年(1929年)に東京市会議員に当選する。

 昭和六(1931)年二月十一日に福岡県行橋町の簔干精米所で寺子屋式農民学校を開校する。昭和八(1933)年一月二十三日に堺利彦は逝去。六十二年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA