鈴木大拙

概要

 鈴木大拙(すずきだいせつ:本名:貞太郎〈ていたろう〉英語表記: D. T. Suzuki 〈Daisetz Teitaro Suzuki〉)明治三年庚午(かのえうま7)十月十八日(1870年11月11日)生誕 -昭和四十一(1966)年七月十二日逝去(九十五歳)は、仏教学者。僧侶。文学博士。

経歴

 明治三年庚午(かのえうま7)十月十八日(1870年11月11日)に石川県金沢市本多町に、旧金沢藩藩医の四男として誕生。

 明治二十年(1887年)に石川県専門学校初等中学科を卒業する。明治二十二年(1889年)に第四高等中学校(現、金沢大学)中退(予科卒業)。同年、 飯田町小学校教師(英語担当)。明治二十三年(1890年)に 美川小学校訓導となる。

 明治二十四年(1891年)に 東京専門学校(現、早稲田大学)を中退して明治二十五年(1892年)に帝国大学(現、東京大学)文科大学哲学科選科に入学する。明治二十八年(1895年)に帝国大学文科大学哲学科選科を修了する。

 明治四十二年(1909年)に学習院講師(英語担当)に就任する。大正十年(1921年)に大谷大学教授に就任する。昭和五年(1930年)に 英語論文で大谷大学より文学博士号を取得。題はStudies in the Lankavatara Sutra。昭和二十年(1945年)に 鎌倉に松が岡文庫を設立する。

 昭和二十四年(1949年)にハワイ大学で講義をする。同年、日本学士院会員となり、秋に文化勲章を受章する。昭和二十五年(1950年)にアメリカのプリンストン大学やニューヨーク大学 などで講演する。ニューヨークに居住する。昭和二十七年(1952年)にコロンビア大学客員教授に就任する。昭和三十三年(1958年)に 帰国。昭和三十四年(1959年)に 松ヶ岡文庫で研究生活を送る。昭和四十一(1966)年七月十二日に鈴木大拙は逝去。九十五年の生涯を終えました。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA